東京大賞典 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京大賞典は大井競馬場のダート2000mで行われる1着賞金額8000万円のG1競走です。東京大賞典の過去データを分析して競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年の払い戻し金データから東京大賞典の過去配当の傾向を調べてみると、荒れる事は少なくて、過去10年中4回が1番人気と2番人気の馬連で的中出来ているほど堅いレースです。

単勝1番人気は過去10年間で4.4.2.0で、複勝率はなんと100%と、かなり1番人気の信頼度が高いレースになっています。

うまめし偏差値:34

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は34とかなり低く、荒れる事はほぼ期待できないようなガチガチの代名詞とも言える堅いレースだと言えそうです。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 370 340 1400
2017 470 970 4470
2016 1630 1050 10780
2015 390 430 8650
2014 170 300 10170
2013 160 240 560
2012 260 1040 2940
2011 100 260 1780
2010 250 300 3950
2009 290 280 11310
2008 310 200 1450

東京大賞典はJpn1ではなく、一応海外の馬も出走できるれっきとしたG1なのですが、外国馬の参戦は少なく、唯一出走したソイフェットがブービーから10馬身遅れになるなど、今のところは外国馬の脅威は皆無です。

ただ、オーストラリアやニュージーランドでTCK(大井競馬の事)の馬券発売が行われるようになったので、オセアニアの競馬関係者にTCKの名が広まり、知名度が上がって盛り上がっていくかも知れません。

枠順傾向

枠順的には外枠がやや有利になりやすい傾向がありますが、枠順よりは能力の絶対値の方が物を言うという感じの決着になる事が多いので、あまりシビアに考えなくても良いのかも知れませんね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

強い馬が外枠に入る事が多くて、データの数値だけを見ると強烈に外枠が有利に見えますが、ちゃんと強い馬であれば、内枠でもそれなりに競馬できるはずです。

脚質的には大体馬券に絡むのは逃げ・先行できるタイプの馬で、差し・追い込みの馬はかなり苦戦傾向なのは確かです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

大井競馬場の2000mコースについては、大井2000m特徴にも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

※以下画像内の黄色字はJRA所属馬

2018年

2017年

2016年

予想のヒント

歴代勝ち馬の前走に注目してみると、ほとんどの馬が「前走チャンピオンズカップ出走馬」でした。チャンピオンズカップで3着以内か、または2番人気以内の馬が殆どで、2番人気の馬がチャンピオンズカップ大敗して巻き返すパターンも目立ちます。

唯一の例外は当時ダート路線で絶大な強さを誇っていたスマートファルコンで、浦和記念1番人気で1着・JBC1番人気で1着、東京大賞典連覇という結果でした。

2018年は、ややイレギュラーな年となりました。チャンピオンズカップで5着・11着の馬と、芝G1からの参戦の馬が上位に来ました。

2017年もチャンピオンズカップ上位・人気上位の馬で馬券圏内は独占されました。

2016年もチャンピオンズカップ上位組が馬券圏内を独占しました。国内最高峰とも言えるチャンピオンズカップで勝ち負けを期待される馬なら、当然出走馬のレベルが落ちる東京大賞典は楽になると考えて差し支えありません。

馬齢傾向

馬齢は3歳でも通用する馬は通用します。4歳・5歳・6歳ぐらいまでは馬券に絡む事は多く、7歳を過ぎるとやはりグッと数が減ってきますね。7歳以上だとワンダーアキュート・ヴァーミリアン・クーリンガーの3頭だけ。

2018年は3歳→5歳→5歳と若い世代の活躍が目立ちました。

2017年は7歳→7歳→4歳で決着しました。珍しく7歳馬のワンツーで傾向とは違ったイレギュラーな結果になりましたね。ただ若い馬はロクな馬が出てませんでしたから、当然の結果と言えるでしょう。

2016年は4歳→6歳→6歳で決着しました。

東京大賞典は普段地方競馬をやらない人で大井競馬の馬券を買う人もいるかも知れませんが、そういう場合は大井競馬必勝法が参考になると思います。

Youtubeでも大井競馬の攻略法について解説しています。なんとチャンネル登録者数が昨年の230名から、1年間で1500名を突破しました!ものすごい勢いでホント驚いています!ありがとうございます!

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする