レディスプレリュード 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

レディスプレリュードは大井競馬場の1800mコースで行われる牝馬限定のダートグレード重賞です。レディスプレリュードの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を見つけていきましょう。

レディスプレリュードの過去10年間(7回)の払戻金データを見ると、単勝1番人気は4.2.0.1となかなかの信頼度と言えますが、単勝オッズ1倍台の事も多いので当然とも言えます。

うまめし偏差値:38

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は38なのでどちらかと言えば荒れないレースですが、どちらかと言うと「堅い」と言うよりは「安い」イメージの方が強いですね。どういう意味かと言うとカッチリ人気順通りには来ないものの、大して配当は付かないという意味です。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 260 400 2060
2016 1240 360 73550
2015 250 710 6480
2014 150 140 670
2013 120 1070 2930
2012 140 1120 15090
2011 330 230 8390

結局上位人気馬に票が集中していて、その上位人気馬同士で決まってしまうので、さほど魅力的な配当にならないって事ですね。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠の方が優勢です。牝馬限定のレースで、さらに地方馬が中央馬と一緒に走るので、枠順よりも馬の能力の絶対値の方が競走への影響度が高いです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

大井競馬場の1800mコースについては、大井1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、馬券に絡んだほとんどの馬が先行ポジションなので、やはり差しや追い込みよりは馬群の出来るだけ前で競馬できる馬が良さそうです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

過去の歴代勝ち馬の前走を見てみると、ほとんどの勝ち馬が前走の着順で1着か2着で、悪い馬でも3着でした。レースの内訳ではスパーキングレディスカップ、ブリーダーズゴールドカップ、JRAのオープン特別で、いずれも7月または8月のレースばかり。

ビューチフルドリーマーカップから駒を進めて来た馬は11頭いて馬券に絡んだのはゼロ。JRA所属馬と地方所属馬では圧倒的にJRA勢が優勢で、馬券にからむ比率は大体9:1の割合ですね。

ああ!競馬で勝てん!と思ったらうまめし.com 競馬必勝法を読んでください。実は競馬で勝つのはカンタンです。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする