ブリリアントカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ブリリアントカップは大井競馬場の1800mで行われる重賞競走です。ブリリアントカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間(重賞格上げとなって以降の1回)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は1.0.0.0で、昨年は1.3倍の支持に応えての完勝でした。

うまめし偏差値:未計測

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値はまだ未計測です。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 130 590 2040 別定
2017 530 4290 36500 OP時代
2016 220 220 2880 OP時代
2015 260 4340 37290 OP時代
2014 250 5740 24820 OP時代
2013 370 1890 23970 OP時代
2012 7020 9480 176970 OP時代
2011 380 2000 81760 OP時代
2010 700 3640 38000 OP時代
2009 380 2710 17490 OP時代

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、ほぼフラットですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

2018年は1枠→6枠→8枠の順で決着しました。

大井競馬場の1800mコースについては、大井1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、先行・差しタイプが優勢ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

2018年は5番手→3番手→7番手の順で決着しました。

予想のヒント

サラブレッド系 4歳以上 別定

オープン特別時代を参考にしてみると、ガチガチに堅いわけではないけれど、大荒れになる事も少ないレースで、重賞格上げ後の前年もそれほど大きな波乱はありませんでした。

2019年にはブリリアントカップトライアルが行われ、今後のブリリアントカップ予想において大きな指針となっていくのかどうか、見極めたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする