盛岡競馬場ダート1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

盛岡競馬場のダート1200mの特徴を分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。盛岡競馬のダート1200mコースは、地方競馬の1200mコースの中では最も高低差の激しいコースで、高低差は3.5mもあります。

盛岡競馬場1200mコース図

JBCスプリントやクラスターカップなど、ダートグレード競走にも使用されるダート短距離路線では重要なコースです。

盛岡競馬場ダート1200m 枠順傾向

スタートから最初のコーナーでまでの距離が500mあり、外枠の先行馬が内枠の先行馬にしつこく絡んでしまうと、スタートからずっと上り坂のため、先行争いが長引くほど内枠の逃げ・先行馬の消耗するスタミナは大きくなりがちです。

なぜなら外枠の先行馬はダメだと思えばある程度控えれば良いだけですが、内枠の先行馬は下手に控えると馬群に包まれて大きく不利を被るので、外枠の馬の動向に合わせなければならないからです。

そういう事情も反映して、盛岡競馬場のダート1200mコースでは若干1枠から3枠あたりの内枠では勝率が低くなっています。とは言え極端に弱いわけでは無いのですが、それでも1枠と8枠では複勝率で6%ぐらいの差があります。

なので盛岡競馬場のダート1200mコースでは、まずは外枠の馬を有利だと見立てて予想を組み立てるのがセオリーです。

盛岡競馬場ダート1200m 脚質傾向

先行争いが落ち着くとコーナーに進入するわけですが、今度は下り坂になるため後続馬が加速しやすくなり、先行馬は後続が動いたからと言って安易にスピードを上げ過ぎてしまわないよう注意が必要になります。

最後には300mの長い直線があり、残り200mで1.5mの急坂を駆け上がりますから、逃げ・先行馬にとっては出来るだけギリギリまでスタミナは温存しておきたいのです。

それだけ逃げ馬や先行馬にとっては、タフさが求められるスタミナ必須のコースであり、単に出足のスピードがあるだけでは1200m戦とは言え逃げ切る事が出来ません。

また、差し馬にとっては3コーナーからの下り坂で加速しやすく、直線が300mと地方競馬にしては長いし、直線の上り坂で先行馬が止まるので、身動きしやすい外にポジションを取れば、比較的スムーズに競馬が出来るコースだと言えます。

ダートグレードの場合

ダートグレード競走のJRAの馬なら、実力的に対応できるので、それほど驚くような勾配ではありません。なのでダートグレードでは大体最初のコーナーの時点で前から5番手6番手ぐらいの位置までにいないと馬券には絡みづらいです。

早池峰賞の場合

これが地方馬限定の重賞・早池峰賞なんかになると、最初のコーナーで8番手9番手ぐらいにいた馬でも十分届いているケースが多いです。なので、先行馬と差し馬の力量を見極めて展開を考える事が馬券的中のコツと言えそうです。

盛岡競馬場ダート1200m 人気傾向

盛岡競馬場のダート1200mコースの人気傾向を見てみると、単勝1番人気の勝率は44%程度でほぼ盛岡競馬全体の平均値と一緒です。つまり、他のコースと比べて極端に人気馬がコケるわけでも信頼できるわけでも無いって事。

タフさは必要ですがいわゆるトリッキーなコース形状では無いので、むしろ人気馬にとっては力を出しやすいコースなのかも知れません。

ただし、過去データを参考にしてみると、同じ1番人気であっても内枠より外枠の方が成績が優秀なので、内枠の1番人気はあえて評価を下げる事が好配当的中のコツです。

私の競馬必勝法を知りたい人はうまめし.com 競馬必勝法で競馬教科書を読んで学んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項