盛岡競馬場ダート1800m特徴

最終更新日:2020/08/05

こんにちは、うまめし.comの北村です。

盛岡競馬場のダート1800メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

盛岡ダート1800mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳--
3歳平均以上
4歳以上ほぼ平均

※盛岡全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7×
8

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

盛岡競馬場ダート1800mコースはホームストレッチの中程からスタートし、一旦ゴール板を通過して馬場を1周するコースレイアウトです。

盛岡競馬場1800mコース図

枠順傾向

盛岡競馬場のダート1800mコースの枠順傾向は、統計データ上では勝率の高い枠と低い枠が存在するものの、それらの数値を納得させるような根拠が乏しいです。

使用頻度が多いとは言えない距離設定なので、単にデータがバラついているだけのような気がしますね。なので枠順についてはあまり気にしない方が良いでしょう。

脚質傾向

盛岡競馬場ダート1800mコースの脚質傾向を見てみると、逃げ馬はJRAの新潟だとか中山だとかのダート千八と比べて10%近く高い勝率を誇っています。

スタートは上り坂から始まり、3コーナーに到達するまでひたすら上り坂が続くコースで、さらに最後の直線も長くて上り坂であることを考えるとすごいですよね。

Bクラス以上の強い馬のレースにしか使用されないコースであり、それだけ逃げ馬も強いし、高低差の激しい馬場に差し馬勢もかなり消耗が大きいのが原因でしょうね。

人気傾向

盛岡競馬場ダート1800mコースの人気傾向を見てみると、単勝1番人気は勝率36%で、連対率が56%に複勝率が65%と盛岡競馬場の平均値から見てかなり弱めです。

その分、2番人気の単勝回収率が優秀。

これだけアップダウンの激しいコースで1800mを走り切るにはかなりスタミナが重要なので、スタミナの乏しい人気薄では人気馬の自滅待ちになりがち。

盛岡ダート1800mの血統種牡馬

盛岡ダート1800mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒も成績は良いのですが、ディープインパクト産駒の成績は全然ダメ。やはりパワーを必要とするコースなので、適性が合ってなさそう。

キングカメハメハなどキングマンボ系種牡馬の産駒も好成績で、同じ系統のミスタープロスペクター系種牡馬の産駒も良い感じ。(エンパイアメーカーとかね)

ただし、その系統でもサウスヴィグラス産駒には距離が長いため不振。

盛岡ダート1800m重不良馬場での傾向

重・不良馬場でのデータが少ないため鵜呑みにして良いかはわかりませんが、1番人気の勝率は良馬場よりも道悪の方が良いですね。

盛岡ダート1800m騎手傾向

村上忍・山本聡哉・山本政聡の3名が上位に来る事がとても多いですね。高低差の激しいコースなので、道中のペースとか仕掛けのタイミングなど、経験の浅い若手・新人など中堅以下の騎手には厳しいでしょう。

盛岡ダート1800mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:49.3

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
│├競馬で勝つ方法 研究レポート
│└競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項