盛岡競馬場ダート1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

盛岡競馬場の1600mコースは、観客席から見て2コーナーの右側にあるポケット一番奥からのスタートするコースで、昔の府中のダート1600mコースのようにスタートから少し進んだところに若干のカーブがあるのが特徴的です。

盛岡競馬場1600mコース図

コースレイアウトから考えると「外差し」が比較的決まりやすいコースであると言えます。理由はスタートから3コーナーまでが上り坂なので先行馬はスタミナを消費しやすく、3コーナーからは下り坂のため差し馬が下り坂を利用して加速しやすい。

さらにゴール手前にある上り坂で先行馬はさらにスタミナを削られてしまいます。また直線の長さも300mあるので、これも切れる末脚を持った馬にとっては自分の長所を活かしやすいコース特徴と言えそうです。(ただ、岩手競馬にはそれだけの切れ味を持つ馬自体が少ないので、実際には違う傾向が見られる)

マイルチャンピオンシップ南部杯での特徴

盛岡競馬場の1600mコースで定期的に行われている重賞競走は6つあり、その内の1つはJpn1のダートグレードレース・マイルチャンピオンシップ南部杯です。

南部杯ではJRA所属馬と地方競馬所属馬では能力差が大きいため、(この記事を書いている時点で)過去5年の結果を振り返ってみると単勝1番人気の連対率が100%という超絶ガチガチのレースです。

一緒に連対する馬もやはり上位人気馬が多く、掲示板はJRA所属馬が独占する場合が殆どで、あまり無理な穴狙い高配当狙いには適さないレースですね。

勝ち馬の決まり手も「逃げ」か「先行二番手」ばかりで、盛岡競馬場のコース特徴を活かして差すような競馬が出来るほど能力が近接していないのが南部杯の特徴。枠順よりも先行力とスタミナが重要になるレースです。

2歳重賞の若駒賞での特徴

若駒賞でも毎年毎年人気どころでキッチリ決まってしまう穴党泣かせのレース傾向で、枠順よりも能力の高さがモノを言うと言っても過言ではありません。

勝ち馬の殆どが逃げ馬ですが、単に人気薄の馬がハナを奪っても最後までスタミナがもたないので勝ちきるのは難しいですね。

絆カップ・すずらん賞・シアンモア賞などは?

絆カップ・すずらん賞・シアンモア賞などが盛岡競馬のダート1600mで行われていますが、盛岡競馬場の2000mで開催されたり水沢競馬場で開催されたり、レース条件がコロコロ変更される事も多く、固定されていない事も多いですね。

で、結論から言うとJRA馬の出走しない地方馬だけの重賞レースでも、やっぱり逃げ馬はかなり優秀な成績を残しているので、一応「逃げ馬有利」なのですが、南部杯や2歳重賞と違うのは「差し」が時々決まるという事。

先程も言いましたが、若干差し馬に有利に作られたコースであっても、差し馬にそれを生かせるだけの能力が無ければ差せません。まず基本的には逃げ馬を狙いつつ、先行馬のペースが速くなりそうな時は差し馬にも警戒という感じですね。

私の競馬必勝法を知りたい人はうまめし.com 競馬必勝法で競馬教科書を読んで学んでみてください。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項