小倉競馬場ダート2400m特徴

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

小倉競馬場のダート2400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

小倉ダート2400mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以下
3歳平均以下
4歳以上平均以上

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
優劣 劣勢 優勢

逃先差追
優勢劣勢

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

小倉競馬場のダート2400mコースは年間使用回数が大体2回程度のかなりレアな距離設定となっています。

小倉競馬場ダート2400mコース図

中京の改修工事で小倉開催が増えた時はそこそこ使われたんですが、普段はあまり使用されないのでデータが少ないんですよね。

しかもデータを集計して分析しても年間2回しか出番がありませんからね…

コースレイアウトの特徴

コーナーの通過回数が6回と考えれば当然距離損の少ない内枠が有利な印象を持ちますが、最初のコーナーまでの距離が321mとそこそこあるので、外枠の馬が内枠の先行馬とポジション争いをしやすいです。

内枠の馬は自分のペースで逃げるなら良いのですが、馬群の中に閉じ込められる形になると、2400mですからバテず伸びずみたいな先行馬が邪魔でスパートしづらいというデメリットがあります。

一方で外枠の馬は走破距離は若干伸びるものの、自分の好きなタイミングでスパートを仕掛けやすく、結果的に外枠の方が有利になってしまうケースが多いですね。

500万下クラスで使用されるコースなので、2400mという長距離でスタミナがもつ馬はそう多く無いですから、馬群の中にいるのはリスクが高いです。

500万下クラスでダート長距離って阪神2000m以外だと、この小倉2400mしか選択肢ないので、「距離が長ければ長いほど良い」という馬にとっては絶対逃したくないチャンスなんですよね。

小倉ダート2400m 血統傾向

小倉ダート2400mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

データが少なすぎて、キングカメハメハ産駒ぐらいしか信用に足りそうなデータの分母が無い状態ですけどね…。

小倉ダート2400m 重・不良馬場

データが少なすぎて断言はできませんが、上位人気や枠順の傾向には大きな変化はないと思いますが、サンデーサイレンス系の種牡馬の産駒は成績が悪化する可能性が考えられます。

小倉ダート2400m 騎手傾向

勝利数では川須・黛・松田大作あたりが上位だが…

小倉ダート2400m 重賞・OP

ありません。

コースレコード 2:30.1

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項