門別競馬場1000m特徴

最終更新日:2020/09/28

こんにちは、うまめし.comの北村です。

門別競馬場の1000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

門別1000mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上ほぼ平均

※門別全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

門別競馬場の1000mコースはバックストレッチの中程からスタートして、外回りコースのコーナーを通る馬場半周のレイアウトです。

門別競馬場1000mコース図

門別競馬場1000m 枠順傾向

なんとなくインコースからスタートダッシュを決めて、先手を取れそうな内枠が有利なようなイメージがありますが、実際には外枠の方が若干有利です。

ただ、その差は大きな差とは言えませんが、内枠に有利なイメージを持ってしまっているなら、予想はもう少しフラットに考えた方が良いでしょうね。

門別競馬場1000m 脚質傾向

門別競馬場1000mコースの脚質傾向を見てみると、逃げ馬の勝率は30%に達していて短距離戦の持つイメージ通りに強いのですが、例えば小倉競馬場のダート1000mだと逃げ馬の勝率は40%以上あります。

枠順傾向の話とも関係があるんですが、門別1000mでは内からダッシュして先行した馬を、外からマイペースで追走した馬が最後に差し切る場面が結構頻繁にあります。

つまり、短距離だからスピードに任せて行ってしまえ!という意識が働き過ぎて、結果的にオーバーペースでバテてしまっている逃げ馬が多いという事です。

一見ガチガチに強そうな馬がいても、外から玉砕的に先行争いで絡んで来る馬が1頭いただけで、大波乱の決着になってしまうことも珍しくありません。

1000メートルはポンと出たら終わり…では無いのです。

門別競馬場1000m 人気傾向

門別競馬場1000mコースの人気傾向を見てみると、過去5年間の統計データによれば、単勝1番人気は勝率45%で、連対率64%の複勝率76%でした。人気順別に単勝を買い続けた場合5番人気よりも下位人気馬は極端に回収率が悪化しています。

門別1000mコースは一部のオープン競走を除けば、新馬・未勝利とあとは殆どがC4戦で、そのクラスの門別1000mですら上位人気になれないという事は、それだけ見どころが薄いという事ですからね。

それに先行馬がバテるほどハイペースになったとしても、短距離ならゴール直前での失速もたかが知れてますし、そもそも下位人気馬にスタミナもスピードも備わっていないので、仕方が無いのかも知れません。

門別1000mの血統種牡馬

門別1000mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

出走数の多い種牡馬の成績を見てみると、サウスヴィグラス産駒以外は殆どが微妙な成績となっている。

門別1000m重不良馬場での傾向

門別1000m騎手傾向

桑村・阿部・五十嵐・宮崎光行・岩橋あたりは1番人気への騎乗数も多く、その場合の勝率も高いが、馬券的にはやや過剰人気で旨味がない。

門別1000mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 0:59.2

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項