道営記念 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

道営記念(2022/11/10・3歳以上 別定・門別・2000m・重賞)過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

道営記念はホッカイドウ競馬の門別競馬場で行われる年度最後の重賞競走です。距離は2000mで1着賞金が1500万円とダートグレードと南関東以外の地方競馬の中ではかなりの高額な賞金設定がされています。

ご存知の通り北海道の冬は厳しく、道営競馬つまりホッカイドウ競馬も毎年5月から11月までしか開催が出来ません。11月下旬になると最低気温がマイナスになる日が多くなります。

なので競馬が開催される半年間で騎手は年間の収入を稼がなければなりません。まあ近年は冬場は南関東などの他地区に期間限定騎乗に行くケースも多いですが、それは乗り馬の質や数も安定しないでしょうから、あくまでプラスアルファです。

というわけで、普通はこのホッカイドウ競馬開催期間中に稼げるだけ稼いでおかないと、文字通り冬が越せないわけですよ。当然馬主も調教師もそれは同じですから、強い馬のオーナーや管理者は当然上手い騎手に道営記念に乗ってもらいたいでしょう。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気傾向

人気 1 2 3 4 5
1着 4 1 5 0 0
2着 2 4 0 1 0
3着 1 1 0 3 2

過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで10頭出ています。

1番人気

単勝1番人気は4.2.1.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
10 4 7 サンビュート セ4 56 五十嵐冬 2:07.2 クビ 1-1-1-2 40.5 2.1 1
1 5 5 クインズサターン 牡7 56 落合玄太 2:07.2 10-11-9-5 39.1 2.3 1
6 1 1 ヒガシウィルウィン 牡5 56 桑村真明 2:08.0 1/2 5-6-4-5 40.1 2.3 1
1 3 3 スーパーステション 牡4 56 阿部龍 2:05.3 1-1-1-1 39.1 1.3 1
2 5 9 オヤコダカ 牡5 56 石川倭 2:07.2 アタマ 2-2-1-1 40.3 2.2 1
2 5 9 オヤコダカ 牡4 56 石川倭 2:08.3 1/2 3-3-2-1 41.0 1.9 1
1 8 12 グランプリブラッド 牡6 56 服部茂史 2:05.1 10-10-8-5 37.0 2.9 1
1 4 7 ウルトラカイザー 牡6 56 井上俊彦 2:04.9 3-3-3-1 39.1 2.6 1
3 4 8 バルーン 牡6 56 吉原寛人 2:08.6 1/2 4-4-2-1 41.4 2.3 1
4 6 11 リアライズノユメ 牝4 54 坂下秀樹 2:07.0 1.1/2 2-2-2-2 40.3 2.7 1

単勝1番人気の勝率はまあまあですね。ある程度の信頼度はありそうです。

複勝率で見ると平均以上で優秀なので、複勝やワイド・三連系の軸馬としてはそれなりの信頼度がありそう。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 360 170
370
210
2,750 1,100
380
1,690
4,070 4,540 22,480
2020 230 120
110
180
280 170
400
370
440 920 2,130
2019 430 200
840
470
14,890 4,860
1,870
9,770
19,610 42,730 237,740
2018 130 100
120
120
320 160
150
290
390 370 890
2017 750 150
110
100
950 300
270
130
3,080 470 5,750
2016 680 180
120
360
530 250
1,260
630
1,470 2,660 14,510
2015 290 130
110
1,620
360 190
9,290
7,820
680 31,530 82,530
2014 260 120
200
890
1,180 480
2,220
4,650
1,680 12,980 43,170
2013 450 130
210
130
1,330 530
240
330
2,690 1,130 8,500
2012 450 180
430
240
3,890 1,290
660
1,810
7,410 9,190 49,420

過去10年間で高配当決着が4回前後と、そこそこあるので、積極的に高配当を狙ってみるのもありかも知れませんね。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 7 13 クインズサターン 牡8 56 落合玄太 2:05.3 7-8-6-1 38.0 3.6 2
1 5 5 クインズサターン 牡7 56 落合玄太 2:07.2 10-11-9-5 39.1 2.3 1
1 6 8 リンノレジェンド 牡3 55 岡部誠 2:07.2 1-1-1-1 39.7 4.3 3
1 3 3 スーパーステション 牡4 56 阿部龍 2:05.3 1-1-1-1 39.1 1.3 1
1 5 10 ステージインパクト 牡5 56 五十嵐冬 2:07.2 9-6-2-2 40.0 7.5 3
1 3 6 タイムビヨンド 牝4 54 五十嵐冬 2:08.2 7-7-4-2 40.5 6.8 3
1 8 12 グランプリブラッド 牡6 56 服部茂史 2:05.1 10-10-8-5 37.0 2.9 1
1 4 7 ウルトラカイザー 牡6 56 井上俊彦 2:04.9 3-3-3-1 39.1 2.6 1
1 3 6 レオニダス 牡3 55 服部茂史 2:08.1 15-15-13-10 39.4 4.5 3
1 7 14 モエレビクトリー 牡6 56 服部茂史 2:06.3 1-1-1-1 39.8 4.5 3

過去10年間、すべて上位人気から順当に勝ち馬が出ていて、上位人気馬の信頼度は高そうです。

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 8 15 オタクインパクト 牡3 55 宮崎光行 2:05.6 1.1/2 10-9-7-5 38.0 14.4 6
2 6 8 ルールソヴァール セ8 56 岩橋勇二 2:07.8 3 3-3-2-1 40.6 3.0 2
2 5 6 ステージインパクト 牡7 56 宮崎光行 2:07.6 2 10-7-8-5 39.6 73.8 8
2 5 5 タービランス 牡5 56 井上俊彦 2:06.5 6 5-5-3-2 40.0 5.7 2
2 5 9 オヤコダカ 牡5 56 石川倭 2:07.2 アタマ 2-2-1-1 40.3 2.2 1
2 5 9 オヤコダカ 牡4 56 石川倭 2:08.3 1/2 3-3-2-1 41.0 1.9 1
2 4 4 ウルトラカイザー 牡7 56 井上俊彦 2:05.9 4 3-3-3-1 38.4 3.3 2
2 8 15 キタノイットウセイ 牡4 56 吉原寛人 2:05.0 1/2 7-5-4-4 39.0 7.6 4
2 3 5 ショウリダバンザイ 牝6 54 井上俊彦 2:08.5 2 7-7-6-3 40.6 3.9 2
2 2 4 エイシンナナツボシ 牡5 56 阪野学 2:06.4 3/4 5-5-3-3 39.6 20.2 6

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで7割カバーできています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 1 1 ルールソヴァール セ9 56 岩橋勇二 2:05.8 1 9-10-8-7 38.1 7.3 4
3 5 6 ヤマノファイト 牡5 56 服部茂史 2:08.1 1.1/2 9-9-10-11 39.9 13.4 5
3 5 5 モズオトコマエ 牡5 56 吉原寛人 2:07.6 クビ 8-7-7-2 39.7 27.4 6
3 8 10 ドラゴンエアル 牡7 56 服部茂史 2:06.7 3/4 3-3-1-4 40.3 10.4 4
3 7 13 ドラゴンエアル 牡6 56 服部茂史 2:07.5 1.1/2 11-10-8-6 39.8 2.2 2
3 6 12 ジュエルクイーン 牝4 54 吉原寛人 2:08.4 3/4 4-4-3-2 40.9 28.5 5
3 2 2 ビッグバンドジャズ 牡5 56 別府真衣 2:06.0 1/2 12-12-12-11 37.4 130.9 11
3 2 3 コスモスイング 牡5 56 井上幹太 2:05.0 ハナ 8-8-6-5 38.8 75.9 11
3 4 8 バルーン 牡6 56 吉原寛人 2:08.6 1/2 4-4-2-1 41.4 2.3 1
3 5 9 ショウリダバンザイ 牝5 54 井上俊彦 2:06.7 1.1/2 11-11-6-5 38.9 6.7 4

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで7割カバーできています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 0 0 3 1 2 1 2 1
2着 0 1 1 1 4 1 0 2
3着 1 2 0 1 3 1 1 1

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 3 1 3 3
2着 0 6 2 2
3着 0 3 4 3

馬券に絡んだ馬のうち13頭が逃げ・先行タイプの馬で、あまり逃げ・先行馬が有利とは言えない傾向があるレースだと言えますね。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
10 4 7 サンビュート セ4 56 五十嵐冬 2:07.2 クビ 1-1-1-2 40.5 2.1 1
8 3 3 コパノリッチマン 牡3 55 吉原寛人 2:09.0 1 1-1-3-4 41.5 12.4 4
1 6 8 リンノレジェンド 牡3 55 岡部誠 2:07.2 1-1-1-1 39.7 4.3 3
1 3 3 スーパーステション 牡4 56 阿部龍 2:05.3 1-1-1-1 39.1 1.3 1
15 6 12 ワットロンクン 牡6 56 坂下秀樹 2:10.9 3 1-1-4-8 43.6 27.9 6
12 8 15 ロイヤルクレスト 牡8 56 岩橋勇二 2:11.3 1 1-2-1-2 44.3 42.2 6
15 2 3 ダイワエクシード 牡4 56 坂下秀樹 2:15.3 7 1-1-13-15 46.3 108.2 10
8 7 10 ビービーレジェンド 牡4 56 桑村真明 2:06.4 クビ 1-1-1-1 39.0 12.3 6
4 3 6 ニシノファイター 牡5 56 阪野学 2:05.5 2.1/2 1-1-1-1 39.8 8.7 5
12 5 9 ケイアイライジン 牡7 56 岩橋勇二 2:12.1 9 1-1-1-1 45.2 51.0 12
1 7 14 モエレビクトリー 牡6 56 服部茂史 2:06.3 1-1-1-1 39.8 4.5 3

過去10年間で逃げ切った馬は3頭いて、やや逃げ馬にとっては競馬しやすい傾向があると言えそうです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む