楠賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

楠賞は園田競馬場のダート1400mで行われる3歳限定の重賞競走です。楠賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見ていきたいところですが、楠賞自体は今回で52回目の重賞ではあるものの、2012年以降ひさびさの開催である上に、以前は古馬との混合戦でしたし、距離も1870mで、さらにハンデ戦でしたから、過去のデータは参考になりません。

うまめし偏差値:未計測

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は未計測です。

枠順傾向

枠順の傾向ですが、園田競馬の他のレースから類推するとおそらく外枠が有利な傾向になるかと思います。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

園田競馬場のダート1400mコースについては、園田ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向ですが、こちらも園田競馬の他のレースから類推すると、おそらく逃げ・先行タイプの馬が有利になると考えられます。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

新生初年度、実質1回目となる2018年は、北海道や南関東・佐賀からもかなり強い馬が集まっていて、豪華なメンバーでレースは見ごたえがありそうです。

もちろん個別の馬ごとに考える必要がありますが、大体の力関係は地方競馬レベル順と力関係が参考になるかも知れません。

初顔合わせとなる馬同士が多いので、能力比較と展開が重要になります。基本的には上位人気同士が潰し合うような展開にならない限りは荒れない可能性の方が強いとは思います。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする