フェアリーステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

フェアリーステークスは中山競馬場の芝1600mで行われる重賞競走です。フェアリーステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.1.1.5で、信頼度は高いとは言えないです。

うまめし偏差値:60

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は60なので、完全に荒れる傾向が強いと言えるレースですね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 460 3230 46640
2017 3600 5990 275620
2016 680 5600 79270
2015 3490 32220 482170
2014 440 9130 132210
2013 8330 39140 515610
2012 710 33120 509720
2011 230 1890 13600
2010 6720 9020 87200
2009 450 1960 132980

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠が優勢ですね。コースの形状から言えば内枠が有利になっているコースではありますが、過去10年のデータでは1枠より7枠8枠の方が好成績です…。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

中山競馬場の芝1600mコースについては、中山芝1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、複勝率では逃げ・先行・差しの順で好走していますが、勝率で見るとなぜか先行タイプだけがガクッと成績を落としています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

逃げタイプの優位は確かなようですね。

予想のヒント

10年で4回の馬連万馬券が飛び出していて、三連単だと10回の万馬券が出現していて、50万馬券が2回に150万馬券が1回ですから、堅くは収まらない荒れる重賞という事がわかります。

3歳戦とは言えつい先日まで2歳だった馬たちですから、関西の3歳牝馬は出来るだけ関東への輸送は減らしたい意図から牡馬との混合を承知の上で関西のシンザン記念に出走するケースが多かったわけです。

そのためフェアリステークスは過去10年間で9回が関東馬の勝利。とは言え関西馬の出走自体が少ないので仕方がない結果ではあるんですけどね。

脚質に目を向けてみると、逃げ・先行がやや有利なものの、差し・追い込みの馬も結構届いている年も多く、能力が抜けているから勝つと言うより、その時の出走馬の同型脚質のバランスと展開次第で着順はコロッと変わってしまいそうな印象ですね。

その証拠にフェアリーステークスを勝った馬のその後を追跡して調べてみると、過去10年の歴代勝ち馬の中に後々G1を勝った馬はゼロです。皆無です。一方シンザン記念からはG1馬は続々と出てますから、出走馬のレベルの違いがはっきり分かるかと思います。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする