アメリカジョッキークラブカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

アメリカジョッキークラブカップは中山競馬場の芝2200mで行われる重賞です。アメリカジョッキークラブカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を見つけ出して行きたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.2.0.6で、信頼度という点ではかなり薄い感じがしますね。でも2番人気の成績が良いので馬連の万馬券本数は3本しか出ていません。

うまめし偏差値:51 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は51のNタイプ(ニュートラル)で、3連単では特に荒れる傾向も堅い傾向もないレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 390 460 24620
2016 1470 1930 28980
2015 500 1800 30540
2014 1380 11950 169220
2013 570 14960 299470
2012 600 3360 20710
2011 140 300 1270
2010 190 2210 18300
2009 900 10990 111460
2008 700 1650 27530

枠順傾向

枠順の有利不利の傾向を見てみると、やや外枠が不利な印象。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2017年は4枠→5枠→1枠で決着しました。

2018年は6枠→3枠→7枠の順で決着しました。

中山競馬場の芝2200mコースについては、中山 芝2200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質は追い込み以外の脚質ならどこのポジションからでも五分に戦えてますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2017年の上位馬は8番手→10番手→2番手でした。

2018年の上位馬は2番手→9番手→逃げ馬でした。

予想のヒント

6歳以上の高齢馬がバンバン馬券に絡むので、馬齢だけでバッサリと切り捨てるわけには行かないようです。

2017年は意外と若駒同士での決着となり5歳→4歳→4歳でした。最高齢馬は11歳でしたが、さすがに15着と見せ場なく、6歳だと4着にはいたんですけどね。

2018年は4歳→4歳→8歳と高齢馬が馬券の末席に入って来ましたね。

過去の勝ち馬の前走成績に注目してみると、有馬記念の次走でこのアメリカジョッキークラブカップに出走するパターンが多いのですが、その有馬記念組の中で最先着した馬は意外と活躍できておらず、むしろ大敗してる馬のリベンジが目立ちます。

あと、重賞で連対した経験がある馬が殆どで、重賞で勝ち負けする力は確実にある!と実績が語っているタイプの馬の方が好成績にはつながりやすいと言えそうです。

2017年は天皇賞(春)4着からの9ヶ月ぶりのタンタアレグリアが勝ち、2着馬は福島記念2着だった馬、3着は1600万条件勝ちですが菊花賞への出走経験がある明け4歳馬でした。

2018年はダンビュライトが勝ちましたが、ダンビュライトもダービーや菊花賞こそイマイチの成績なものの、皐月賞では3着の実績がありました。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする