ダービー卿チャレンジトロフィー 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ダービー卿チャレンジトロフィーは中山競馬場の芝1600mコースで行われる重賞です。ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

有力馬の解説

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬について解説します。

1番人気候補はスマイルカナになりそうです。前走中山のターコイズステークスを勝ち、それ以前にもG1桜花賞を含むマイル重賞で3回馬券にからんでいるので、マイル戦への適性は疑う余地がありません。

ターコイズステークスでは逃げ馬が最下位になるほどバテる厳しい流れの中、2番手3番手から粘りきった根性は高く評価して良いでしょう。

しかし、前走はあくまで牝馬限定のハンデ戦。

ダービー卿チャレンジトロフィーには牡馬も参戦し、スマイルカナの負担重量も1キロ増え、重賞では牝馬限定かハンデ戦でしか馬券に絡めていない戦績である事は慎重に吟味したいですね。

今回は先行タイプの馬が多いので、甘い展開にはなりづらいでしょうね

ダービー卿チャレンジトロフィーの過去データを見ても、1番人気の成績は1207と殆ど勝てていない事から、激戦になる事が多い重賞だという事がわかりますね。

過去10年間でモーリスくらいしか勝っていません。

続いてはカラテ。

マイル戦を3連勝と好調で、前走は東京新聞杯を勝ちました。この時負かしたヴァンドギャルドはG2で上位経験もあり、カラテ自身の能力の高さを推し量れますよね。

負担重量は前走より1キロ増加しますし、前走は前に行った馬が潰れて、若干展開が向いた感もあるんですが、今回も先行馬が揃っている事から、上手く立ち回る事ができれば、上位に食い込める可能性は十分あると思います。

ただ鞍上の菅原騎手は、じわじと腕を上げているとは言え、まだカラテ以外の馬で重賞勝っていない騎手ですから、経験値という点ではどうしてもベテラン騎手には見劣りするでしょう。

ウインカーネリアン行きましょう。

前走3勝クラスを勝ちましたが、重賞では皐月賞4着という成績があります。皐月賞では単勝360倍の評価でしたし、相手がコントレイルやサリオスですから、勝てないのは仕方ありません。

しかし、上位に来た馬の多くが差し馬だった展開の中で、2番手から競馬して4着に粘り込むスタミナはなかなか大したものだと思います。

ただ、今回は強い先行馬が揃っていることから、ウインカーネリアンの長所が他の有力馬と被ってしまうのは残念なポイントだと言えるでしょう。

はい、ルフトシュトローム行きましょう。呼びづらい名前ですね。

この馬は京成杯オータムハンデを16着と大敗していますが、このあと休養に入っているところを見ると、この京成杯オータムハンデの着順を能力値として鵜呑みにするのは危険です。

ただただ弱いだけの馬がG1NHKマイルカップで5着に来れる事はありませんし、ニュージーランドトロフィーを勝てているのですから、能力はあるはずです。

この馬は3歳になるまでデビューできなかった事、NHKマイルカップのあとにも休養を挟み、さらに京成杯オータムハンデのあとにも休養…という感じで、おそらくデリケートな体質の馬である事が考えられます。

こういう馬は駄目な時は駄目なんですが、体調やメンタルが好調でローテーションと噛み合った時には凄い能力を発揮できたりするタイプでもあります。

ただ、馬券の買い目に入れるかどうかは、そういう弱点は理解した上で考慮したいですね。

続いてはカテドラル。前走は東京新聞杯でカラテの2着に好走していて、上がり3ハロン33秒台のタイムを見ても末脚が活かせるレースで強みが生きるタイプだと言えます。

今回も前走同様に先行馬に厳しい流れになる可能性はあるので、上手く自分の競馬ができれば再び上位争いに加われる1頭だと言えるでしょう。

しかしながら、前走は直線の長い東京コースだったのが、今回は直線が短く登り坂のきつい中山に舞台が移る事もあり、前走も人気通り走ったと言うよりは、展開が向いて人気のわりには上位に来れたねという印象があるので、そこは不安材料と言えます。

次はウインイクシード。この馬は今年に入って重賞で連続3着と、勝てないながらも好調さを見せていて、さらに若手の中では活躍の目立つ横山武史騎手が騎乗するのも高印象です。

実はウインイクシードは1600メートル戦は今回が初めてです。

ただ過去の事例を振り返ってみると、1600メートルがピッタリの馬よりも、1800メートルでもこなせるぐらいのスタミナがある方が、終盤の根性比べになった時に有利ではあるんですよね。

あとは1600メートルの猛者がそろったここで、スピードに対応できるかどうかでしょうね。

人気・配当傾向

1番人気

ちなみにダービー卿とはダービー伯爵の事で、イングランドの貴族だそうです。競馬ファンでも知らない人の方が多いんじゃないでしょうかね?

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は1.2.0.7と微妙な成績で、ハンデ戦でもあるし、信頼度としてはイマイチといったところ。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
5 4 7 プリモシーン 牝5 56 M.デム 1:33.3 1/2 10-11-8 35.2 2.4 1
7 2 4 ドーヴァー 牡6 56 田辺裕信 1:32.1 クビ 10-9-9 34.2 5.2 1
5 2 4 グレーターロンドン 牡6 56.5 田辺裕信 1:32.7 1/2 12-13-12 34.3 3.6 1
2 3 5 キャンベルジュニア 牡5 55 シュタル 1:34.8 1/2 3-4-3 34.4 3.4 1
8 1 1 キャンベルジュニア 牡4 54 川田将雅 1:33.3 アタマ 1-1-1 35.0 2.9 1
1 5 10 モーリス 牡4 55 戸崎圭太 1:32.2 14-15-13 33.0 3.1 1
5 3 5 コディーノ 牡4 57 北村宏司 1:34.8 クビ 4-6-7 36.4 3.7 1
2 3 5 ダイワマッジョーレ 牡4 56 蛯名正義 1:32.6 クビ 8-10-11 34.2 4.4 1
5 2 3 ダイワファルコン 牡5 57 北村宏司 1:33.7 クビ 4-5-6 34.5 4.3 1
13 6 11 キングストリート 牡5 57.5 四位洋文 1:34.3 2.1/2 10-11 34.2 2.9 1

こんな感じ。

波乱度

うまめし偏差値は56で荒れる傾向のあるレースです。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 1,020 330
870
390
2,240 22,560 5,490
1,960
5,990
38,750 69,040 419,280
2019 600 250
260
400
1,390 2,350 1,140
2,040
1,830
4,550 13,120 59,280
2018 650 230
470
580
850 3,890 1,510
1,880
4,010
6,770 27,990 126,530
2017 1,110 240
150
130
1,770 2,070 750
630
310
4,820 2,100 15,660
2016 1,300 340
280
160
2,280 6,110 1,820
850
750
12,830 6,930 59,230
2015 310 160
290
590
1,730 1,640 790
2,260
3,280
2,310 14,860 51,710
2014 690 320
590
550
4,770 9,170 2,880
2,620
4,090
15,340 63,310 318,790
2013 920 260
150
170
1,590 1,970 740
860
370
4,290 2,770 16,390
2012 730 270
450
410
1,920 5,760 1,800
2,240
2,680
10,910 28,420 163,170
2011 2,080 560
220
430
1,880 6,060 1,960
2,850
1,290
14,750 17,820 135,230

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、若干内枠が優勢。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

ただし、優勢といってもその差は微々たるもので、能力ある馬の評価を大きく覆すほどのファクターでは無いかと思います。

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬は意外と好走例が多く、あと先行馬よりは差し馬の方がデータ的には優秀で、追い込みでも来る馬は来ており、極端にどこかのポジションが有利不利になるというレースではなさそうです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

出たとこ勝負の展開次第ってところでしょうかね。

中山競馬場の芝1600mコースについては、中山 芝1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

馬齢の傾向を見てみると5歳が馬券の中心で、その前後1歳までが範囲といった感じで、7歳を過ぎると極端に悪くなり、過去に馬券になった例はあるものの、基本的には軽視。

ハンデの傾向を見てみると、トップハンデ馬は毎年凡走が多く信頼度は低め。

ハンデを重くされるという事は過去の実績が良いという事で、ついつい人気を集めてしまいがちですが、実際には「最近の成長株」のような勢いのあるタイプが活躍します。

前走重賞馬と、前走が3勝クラスやオープン特別の馬を比較すれば、どうしても目に見えている「実績」で判断してしまいそうなんですけど、数字やデータには現れない伸びしろをいかに観抜くかが高配当ゲットのコツ。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

競馬で稼ぐというライフスタイル

競馬予想がむずかしい…、当たっても配当が安くてトータルでプラスにならない…、そんな悩みはサッサと解消して、あなたも一緒に競馬で稼ぎませんか?

2020/11/01 河口湖特別

824,970円

これ以上競馬で負けたくない!という人は、今すぐ下の赤い「詳細を見る」のリンク先を読んでみてください!

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする