ニュージーランドトロフィー 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ニュージーランドトロフィーは中山競馬場の芝1600mで行われる重賞です。ニュージーランドトロフィー過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気が2.2.0.6

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
15 2 3 アヴェラーレ 牝3 54 ルメール 1:35.7 クビ 13-10-13 36.5 3.1 1
7 5 9 オーロラフラッシュ 牝3 54 ルメール 1:33.8 1.1/2 10-9-10 35.2 4.3 1
4 6 11 アガラス 牡3 56 ルメール 1:34.6 1.1/4 9-8-9 33.7 2.4 1
2 8 14 ケイアイノーテック 牡3 56 戸崎圭太 1:34.2 アタマ 8-8-5 34.5 3.2 1
8 5 10 クライムメジャー 牡3 56 川田将雅 1:36.6 クビ 8-9-9 35.2 4.2 1
4 2 3 アストラエンブレム 牡3 56 田辺裕信 1:34.0 3/4 15-15-12 34.4 3.0 1
2 5 9 グランシルク 牡3 56 戸崎圭太 1:34.9 3/4 16-16-16 33.7 3.0 1
1 7 12 ショウナンアチーヴ 牡3 56 後藤浩輝 1:33.3 12-11-8 34.5 3.1 1
9 1 1 ゴットフリート 牡3 56 戸崎圭太 1:35.4 クビ 14-11-8 34.4 2.5 1
1 2 4 カレンブラックヒル 牡3 56 秋山真一 1:33.2 2-3-3 35.0 3.7 1

こんな感じ。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 320 150
230
690
730 920 410
1,200
3,290
1,590 8,190 26,790
2020 460 200
230
340
1,300 1,770 670
1,290
1,350
2,910 8,880 34,500
2019 1,080 310
190
190
1,990 2,770 820
990
510
5,650 4,540 29,230
2018 400 170
160
500
540 950 400
1,620
1,740
1,950 6,780 27,070
2017 5,110 800
490
260
11,000 29,320 4,440
3,760
1,500
57,590 49,810 496,220
2016 550 200
1,820
1,020
3,380 22,190 5,050
3,240
19,480
35,300 195,280 1,051,270
2015 1,530 320
140
160
1,210 2,940 990
800
320
8,510 3,340 29,660
2014 310 150
250
360
1,340 1,400 540
1,110
1,630
2,080 7,100 25,680
2013 340 180
240
1,810
1,390 1,550 630
5,120
6,680
2,600 50,240 195,350
2012 370 160
170
200
1,180 1,090 440
550
520
2,150 1,980 9,080
2011 5,630 910
470
130
3,760 32,820 7,190
1,690
930
75,520 22,850 278,820

こんな感じ。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 3 6 バスラットレオン 牡3 56 藤岡佑介 1:33.1 1-1-1 34.6 3.2 2
1 6 11 ルフトシュトローム 牡3 56 石橋脩 1:33.0 11-12-10 34.2 4.6 2
1 1 1 ワイドファラオ 牡3 56 内田博幸 1:34.2 1-1-1 33.9 10.8 4
1 3 5 カツジ 牡3 56 松山弘平 1:34.2 13-14-10 33.9 4.0 2
1 3 6 ジョーストリクトリ 牡3 56 シュタル 1:36.0 5-5-4 34.9 51.1 12
1 3 5 ダンツプリウス 牡3 56 丸山元気 1:33.9 8-5-3 34.8 5.5 2
1 4 8 ヤマカツエース 牡3 56 池添謙一 1:34.8 9-9-8 34.9 15.3 7
1 7 12 ショウナンアチーヴ 牡3 56 後藤浩輝 1:33.3 12-11-8 34.5 3.1 1
1 6 12 エーシントップ 牡3 56 内田博幸 1:34.8 2-3-3 34.5 3.4 2
1 2 4 カレンブラックヒル 牡3 56 秋山真一 1:33.2 2-3-3 35.0 3.7 1

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 8 15 タイムトゥヘヴン 牡3 56 M.デム 1:34.0 5 6-7-5 35.0 6.2 3
2 7 14 シーズンズギフト 牝3 54 津村明秀 1:33.1 1/2 13-9-7 34.5 7.2 5
2 2 3 メイショウショウブ 牝3 54 横山典弘 1:34.2 クビ 2-3-4 33.6 5.0 3
2 8 14 ケイアイノーテック 牡3 56 戸崎圭太 1:34.2 アタマ 8-8-5 34.5 3.2 1
2 2 4 メイソンジュニア 牡3 56 菱田裕二 1:36.2 1.1/4 1-1-1 35.5 18.7 8
2 4 8 ストーミーシー 牡3 56 江田照男 1:33.9 ハナ 11-13-15 34.4 98.6 14
2 5 9 グランシルク 牡3 56 戸崎圭太 1:34.9 3/4 16-16-16 33.7 3.0 1
2 5 9 ショウナンワダチ 牡3 56 北村宏司 1:33.3 ハナ 10-7-7 34.8 8.0 4
2 2 4 レッドアリオン 牡3 56 川須栄彦 1:34.8 クビ 6-3-4 34.5 6.9 3
2 2 3 セイクレットレーヴ 牡3 56 横山典弘 1:33.6 2.1/2 10-5-5 35.1 5.0 2

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 1 2 シティレインボー 牡3 56 横山典弘 1:34.2 1.1/2 3-2-2 35.5 52.9 11
3 8 16 ウイングレイテスト 牡3 56 横山武史 1:33.1 クビ 11-12-10 34.3 13.8 7
3 3 4 ヴィッテルスバッハ 牡3 56 戸崎圭太 1:34.4 1.1/4 14-11-11 33.3 4.9 2
3 2 2 デルタバローズ 牡3 56 大野拓弥 1:34.3 3/4 8-5-5 34.8 23.2 9
3 8 16 ボンセルヴィーソ 牡3 56 松山弘平 1:36.2 ハナ 2-2-2 35.3 7.5 5
3 2 4 エクラミレネール 牝3 54 北村宏司 1:33.9 クビ 9-9-8 34.7 51.9 12
3 6 12 アルマワイオリ 牡3 56 勝浦正樹 1:34.9 アタマ 13-11-10 34.7 4.1 2
3 8 15 ベルルミエール 牝3 54 川島信二 1:33.5 1.1/4 2-3-3 35.4 14.3 8
3 2 3 ストーミングスター 牡3 56 柴田善臣 1:34.8 ハナ 2-2-2 34.6 105.6 12
3 3 5 ブライトライン 牡3 56 安藤勝己 1:33.6 ハナ 12-9-11 34.8 6.1 4

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、明らかに内枠が優勢に傾いています。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

ただし、意外な事に過去10年間1枠から1頭も馬券に絡んでいないという事は覚えておきたいですね。

脚質的な傾向を見てみると、逃げ馬や追い込み馬には厳しいレースで、馬券に絡むのは殆ど先行馬と差し馬という傾向が出ているレースです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

中山競馬場の芝1600mコースについては、中山 芝1600m 特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

時々全体の統計データをとって中山競馬場の芝1600mは内枠がそれほど有利じゃないぞ!という人がいますが、それは相手関係と脚質も関係するので、一律に考える事自体が間違いです。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 3 6 バスラットレオン 牡3 56 藤岡佑介 1:33.1 1-1-1 34.6 3.2 2
13 1 2 カリオストロ 牝3 54 ヒューイ 1:34.7 クビ 1-1-1 37.1 7.0 4
1 1 1 ワイドファラオ 牡3 56 内田博幸 1:34.2 1-1-1 33.9 10.8 4
7 4 6 カシアス 牡3 56 浜中俊 1:34.6 1/2 1-1-1 35.5 6.9 3
2 2 4 メイソンジュニア 牡3 56 菱田裕二 1:36.2 1.1/4 1-1-1 35.5 18.7 8
8 4 7 キャプテンペリー 牡3 56 大野拓弥 1:34.4 クビ 1-2-1 35.7 16.2 7
16 1 1 アンブリカル 牝3 54 石橋脩 1:37.6 4 1-1-1 38.6 160.2 16
13 1 1 パワースラッガー 牡3 56 江田照男 1:35.5 1.1/4 1-1-2 37.9 18.4 9
14 1 2 ラヴネヴァーダイズ 牝3 54 田辺裕信 1:36.0 1/2 1-1-1 36.0 464.3 16
9 1 2 バンザイ 牡3 56 松岡正海 1:34.0 クビ 1-1-1 36.4 18.9 8

予想のヒント

歴代出走馬のローテーションを見てみると、ファルコンステークスからこのニュージーランドトロフィーを経て、その後にNHKマイルカップに出走するパターンが多いです。

ファルコンステークスの出走馬から勝ち馬が出る事が多いのですが、アーリントンカップやスプリングステークスなど、前走が重賞でなおかつ掲示板に乗るかどうかぐらいの成績の馬でも勝っているので、過去の成績だけで馬券候補を絞り込むのは難しいですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む