ワイドは3着までに入れば良いと言う気持ちが甘さを生む

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

突然ですが、私は怒っています。よく「ワイドは3着までに入る2頭を当てれば良い」なんて事を言ってる人がいるからです。確かにワイドと言うのは選んだ2頭が揃って3着までに入線すれば払い戻しを受けられるので、別に説明自体は間違っていません。

私が怒っているのは説明自体が間違っているからではなく、そういう言い方をすると多くの人が3着までに入りそうな馬を選んでワイドを買うという行動を取りやすくなり、結果として外れ馬券を買わされてしまうと考えているからです。

拡大馬番連勝複式と言う言葉で一目瞭然

ワイドの正式名称はご存知の通り拡大馬番連勝複式です。この「馬番連勝複式」と言うのがポイントなのです。馬番連勝複式と言う事は、結局ワイドも1着2着を順番を問わず当てる馬券であり、配当を安くする代わりにその2頭の「前」もしくは「間」に1頭だけ別の馬が入っても当たりにしてあげますと言う馬券だと言う事です。

ここで注意して欲しいのは2頭の「後」に1頭いる場合はそもそもワイドは馬番連勝複式なのだから、なんらアドバンテージ(優位性)を生むものでは無いと言う事。

自分の選んだ2頭の「前」もしくは「間」に1頭だけ割り込みを許してくれる馬券なのです。そう考えると「このレースはこの2頭で決まりだろう、ただ、1頭だけどう転ぶかわからない馬がいるな」と言う時こそワイドの出番であり、

なので「うーん、自信が無いなぁ、馬連では当たる気がしないから、ワイドでバラバラと買っておくか」などと言う買い方は、ワイドと言う馬券の本質をきちんと理解していないと言わざるを得ません。

そもそも「選んだ馬が、なんとか3着までに来てくれりゃラッキー」程度の自信しかないレースにお金を賭けるような事自体が競馬必勝法を探求する者としてあり得ない姿勢だと言う事です。

しかし、「ワイドは3着までに入る2頭を当てれば良い」という説明を聞いた競馬初心者は、当然「なんだ、3着までに入ればいいのか、簡単じゃん」とワイド馬券を軽く軽く考えてしまうでしょう。しかし、その軽く考えてしまう事が大きな間違いなのです。

当たりやすい=安い=シビア

ワイドは当然の事ながら的中目が3つ存在するので、連勝式の馬券の中ではもっとも安い配当になっています。基本的に「配当の安い馬券」ほどミスは許されないわけです。

よく考えて欲しいのですが、100倍の馬券を1点買いし続けている人は途中1回ぐらい馬券選びや予想でミスがあっても、それほど大きなダメージにもならないし、後々帳尻を合わせるのも比較的簡単です。

しかし、1.1倍の複勝を狙って、的中率95%以上をキープして回収率100%オーバーを狙うような場合、1回のミスは命取りになるかも知れません。だからワイドも連勝式の中では一番配当が安いのだから、気軽に適当に買っちゃって良い馬券では無いのです。

ワイドを使いこなすには?

結局のところ、馬券がワイドであろうが、馬連であろうが、1つ1つのレースにおいて、正しい馬を選択する目を持っていない事には、いくら小手先の「買い方」なんかを学んだところで意味がありません。

結果的に6着になる馬を選んでしまった時点で、単勝を買っても、複勝を買っても、ワイドで買っても、馬連で買っても、3連単や3連複で買っても、全く意味が無いからです。競馬必勝法をマスターすると言う事は、つまりはこの「そのレースでの正しい馬を選択するスキル」を体得すると言う事です。

正しい馬を選べていれば、多少馬券の買い方は下手くそでも、結構どうにかなってしまうものです。競馬で儲ける詳しい方法はうまめし.com 競馬必勝法で公開しています、是非参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項