うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

京都競馬場芝2000m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

ここでは京都競馬場の芝2000m(内回り)の詳しいコース特徴やコース特性を分析して、攻略方法を模索していきたいと思います。芝2000mはホームストレッチ側の直線半ばからスタートして、馬場を1周するコースレイアウトになっています。

京都競馬場・芝2000mコース図

京都競馬場の芝2000mで行われる重賞はG1の秋華賞だけで、内回りコースは直線が短めのため、秋華賞は毎年のように有力馬がインを突くか、それとも外をまわすかで競馬予想に頭を悩ませるコースです。

スタートからゴールするまでに合計4回コーナーを通過するため、全体的にペースは落ち着く傾向にあり、直線の平坦さと短さも手伝って逃げ先行馬には有利です。具体的に言うと例えばコーナーが少なくて直線が長く上り坂のある東京競馬場の芝2000mと比べると、逃げ馬も先行馬も5割増しほど勝率が高くなります。

京都競馬場 芝2000m 枠順の有利不利

枠順の有利不利に関してはハッキリとした傾向が出ていて、完全に外枠は不利です。外枠の馬が馬券に絡まないというわけではありませんが、統計データの勝率・連対率・複勝率などを見れば「外枠になればなるほど馬券に絡む確率は低く」なっています。

理由は簡単で京都競馬場はコース図を見ればわかるように1コーナーと2コーナーは半径が小さく、3コーナーと4コーナーも決して緩いカーブではありませんから、外を通ればそれだけ不利になるのは当然の話です。

なので外枠と言えどもスッと楽にマイペースで逃げられるような馬であれば、外枠だからと言ってもそれほど大きな不利にはならないだろうし、内枠でも中途半端な先行力しかなくて馬群に包まれる可能性が高いなら、直線が短いので馬群から抜け出すのに手間取って不発に終わる事もあります。

京都芝内回りコースのバンク角

上の画像は京都競馬場・芝内回りコースの4コーナーの様子を写したものですが、内ラチに近いコースは地面が斜めになっているのがわかるでしょうか。

この傾斜の事を一般的には「バンク」と呼びますが、馬がコーナーを曲がる時に遠心力で外で膨らむのを防いでくれる役目があります。しかし、上の画像の一番外にいる黄色い帽子の馬のいるあたりは地面がかなり平坦に近いですよね。

外側をマクって来る馬の方が内側の馬よりスピードを出したい立場にあるわけで、スピードが出ればそれだけバンク角が欲しいところですが、実際にはあまり外に行き過ぎるとバンク角が殆どありません。

それだけバイクみたいに馬体を倒さないとコーナーを曲がれないわけで、隣の馬に接触しないようにしようと思えば更に必要以上に外に行かなければならず、距離損は大きくなります。このあたりも内枠有利で外枠不利なデータにつながっていく要因ですね。

京都競馬場 芝2000mは穴馬が美味しくなりづらいコース

統計データを見てみると、京都競馬場の芝2000mコースでは4番人気以下の人気の無いグループがオッズの割りに走りません。(勝たない)明確な根拠なく、むやみにマグレ狙いで人気薄の馬を買うのは避けた方が賢明でしょうね。

あと、ディープインパクト産駒が得意としているコースなので、ディープインパクト産駒の成績は良好ですが、オッズ的に美味しいケースが少なく、人気薄ではほとんど好走例がありません。他にはキングカメハメハ産駒・ハービンジャー産駒・アドマイヤムーン産駒なんかも高勝率で、配当的には後者3頭の産駒の方が優位な事が多いです。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.