南関東 大井競馬場 川崎競馬場 船橋競馬場 浦和競馬場 それぞれのタイム差

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

地方競馬の南関東4場は開催日が基本的には重ならないようにローテーションが組まれていて、それぞれの所属馬や騎手が他の3場のレースに出走する事が日常的です。

ですが、同じ馬でも出走する競馬場がコロコロと変わると、競馬予想をする側の人間としては少々考えるのが難しくなってくるわけです。

競馬はどうしても直線部分と比べてコーナーでスピードが落ちますから、コーナーの数が違うと同じ距離設定を同じ馬が走っても走破タイムは違ってきます。

例えば、大井競馬での1400m競走はコーナーが3箇所なのに対して、川崎競馬や浦和競馬ではコーナーが4箇所、船橋競馬では1400mでの競走は現在行われていません。

他にも大井・川崎・船橋は1600mコースではコーナー4箇所ですが、浦和競馬では5箇所となり、これまたコーナーの数が合いません。

コーナーの数だけでなく、川崎競馬はコーナーがきつく、浦和競馬は直線部分が短く、船橋競馬はスパイラルカーブになっているし、大井競馬の外回りコースは最後の直線が80m以上長いなどの特徴があって他の競馬場での走破タイムを単純に比較出来ないんですよね。

例えば前走では大井競馬の1400mを1分28秒5で走った馬がいたとして、この馬が川崎競馬の1400mに出走した時に大井競馬の1分28秒5と同じ程度のタイムで走る事ができるのかどうか、これがわからないと各馬の能力を比較する事ができないでしょう。

乱暴に結論から言うと、南関東の各競馬場ごとのタイム差は以下の表の通り。

大井競馬 約 -1秒
川崎競馬 約 0秒
船橋競馬 約 0秒
浦和競馬 約 +1秒

要するにコーナーの数が同じなら、川崎競馬や船橋競馬で1600mを1分44秒0で走った馬は、大井競馬なら1分43秒で走れても不思議は無いと言う事です。

また、川崎競馬の1400mで1分30秒0で走った馬が、浦和競馬の1400mを走ると1分31秒0程度になるのではないかと言う事ですね。

当然これはレースの距離やペースだとか、その馬の脚質で全然違ってくるので、鵜呑みにして無理やりなんでもかんでも型に嵌めるような予想法はしないでください。

例えば大井が川崎・船橋と比べてタイムが1秒早くなると言う事は、それだけ早いペースで馬スタミナが消耗すると言う事ですから、-1秒どころか途中でバテて+5秒ぐらいかかる時もあるわけです。

まぁでも距離が同じなら上記の表を参考にしてコーナーの数なんかも考慮に入れて予想の助けにしてみてください。

南関東・各競馬場ごとの直線の長さは浦和競馬場1400m詳しいコース特徴に比較画像が載っているので参考にしてみてください。

もっと馬券力アップさせたい人はうまめし.com 競馬必勝法を読んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項