スパーキングレディーカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

スパーキングレディーカップは川崎競馬場の1600mコースで行われる牝馬限定のダートグレード重賞です。スパーキングレディーカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

スパーキングレディーカップの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4.1.3.2ですが、殆どが単勝オッズ1倍台なので、オッズの数値の割には結構負ける事も多いと言えそうです。

うまめし偏差値:40

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は40でかなり堅い決着の年が多い傾向にあり、過去10年間で三連単配当が3000円未満だった年は7回もあります。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 440 1270 11410 別定
2017 440 2000 26480 別定
2016 200 750 2730 別定
2015 500 830 2870 別定
2014 610 1440 126170 別定
2013 140 570 1430
2012 1320 1310 7260 別定
2011 210 590 1250 別定
2010 130 270 770 別定
2009 140 700 2640 別定

人気薄の地方馬が馬券に絡む事も稀にありますが、よほど特異なケースを除いて地方馬を軸馬にしたり、理詰めで狙えるかと言うと厳しい傾向ですね。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠・中枠・外枠いずれの枠でも能力さえあれば馬券圏内に来れます。過去の人気馬も外枠を苦にしている様子はありません。

ただデータ的には1枠から馬券圏内に来た馬は皆無なので、1枠は意外と不利を受けやすいのかも知れませんね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は3枠→8枠→6枠の順で決着しました。

川崎競馬場の1600mコースについては川崎1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬の連対率は80%とかなり高確率。過去10年間で追い込みで馬券圏内に来た馬もいるが3頭ほどで、基本的には7番手以内のポジションを獲得していないと馬券圏内に入る事も難しいです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は2番手→5番手→4番手の順で決着しました。

予想のヒント

地方馬は基本的に軽視して良いが、過去10年間で3頭ほどが馬券圏内に入ってきています。

過去の馬券対象になった馬の年齢を見てみると、6歳以上は勝ちきった馬がおらず、来ても2着3着までといったところで、数が多いのは5歳だが、馬券に絡む「率」で言うと3歳馬がもっとも高いので、基本的にはJRAの3歳馬を中心視するのがベター。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする