函館競馬場芝1200m特徴

最終更新日:2021/01/29

こんにちは、うまめし.comの北村です。

函館競馬場の芝1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

函館芝1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

函館競馬場の芝1200mは、向正面の奥まったポケット状のスタートからバックストレッチを一杯に使って、 3コーナーと4コーナーを曲がって直線コースに入るワンターンのコースです。

函館競馬場 芝1200mコース図

函館競馬場の芝1200mではスタートから4コーナーまでがずっと上りの勾配(坂道)となっており、しかも函館競馬場の芝は寒さに強いけれど、根付きが弱いとされる洋芝が使用されていて、坂道との相乗効果で少しはパワーの必要なコースです。

最後の直線の長さは262mと地方競馬レベルの短さで、先行出来ない馬は必然的に4コーナーを捲り気味に上がって行かなければならないため、馬場の外を通る分距離のロスが大きくなります。

枠順・脚質

外枠の馬は先行できれば内に切れ込んで良いポジションでコーナーを曲がる事が出来ますが、先行力がなければ3コーナーからずっと外を通らされる分、厳しい戦いになりがちです。

内枠の馬にしても先行できないと馬群に包まれた状態で直線を迎えるわけですが、直線が短いためのんびり前が開くのを待っていたのでは勝負になりません。

かと言って先行馬が有利かと言うと、最後の直線が短い分、向正面側のストレートはおよそ500mという長さで先行争いが長引く場合もあり、 それと上り坂の勾配と洋芝の馬場がスタミナを奪い、先行馬が最後の最後で止まってしまうケースも考慮しなければなりません。

短距離戦なのでスピードは言うに及ばず、坂を駆け上がるパワーと、それでも最後までバテないスタミナの全てが揃った馬が望ましいわけですが、 そんな馬はどこの競馬場で走ったって強いでしょうから、各馬の強みと弱みを見比べて函館競馬場では良さが生きるタイプかどうかが馬券検討のポイントになりそうです。

函館芝1200mの血統種牡馬

函館芝1200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

現役時代に1200mの高松宮記念や、函館スプリントSを勝った実績のせいか、キンシャサノキセキ産駒が多数出走しているため勝利数は多いが、馬券的にはあまり良い結果は出せていない。

ダイワメジャー産駒・ディープインパクト産駒など、わりと現役時代にマイル以上の距離での実績があり、瞬発力もあった馬の産駒の活躍が目立ちます。

ある程度パワーのいる馬場なので、1200mしか持たない俊足タイプより、ちょっとスタミナも持っているタイプの方が良いみたいですね。ロードカナロア産駒もまずまず健闘してて悪くは無い。

函館芝1200m重不良馬場での傾向

函館芝1200m騎手傾向

岩田康誠の勝利数は多いが馬券的には旨味ゼロで、池添や武豊のデータが良好。

函館芝1200mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:06.8

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項