函館競馬場ダート1700m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

函館競馬場のダート1700mはホームストレッチの右側4コーナーの終点付近からスタートし、ゴール板前を通過して馬場を1周するコースです。

函館競馬場 ダート1700mコース図

函館競馬場のダートコースは1000mの次が1700mで、その中間がありません。1200mも1400mも無く、函館競馬は大体毎年夏競馬の序盤に開催されるのですが、別に1700mが適距離では無い馬が多く出走してきます。

上記のコース図を見てもわかる通り、スタートして2コーナーの途中まではずっと下り坂になっています。そのため先行争いが思いの外長引きます。

例えば東京のダート1400mとかで後ろから直線一気でそこそこの着順を拾ったような馬は末脚を評価されて函館でも人気したりするんですが、はっきり言って直線部の短い函館のどこでそんな末脚を再現できるというのか私にはわかりません。

そうかと思えば前走芝で凡走して全然人気の無いような馬がいきなり勝ったりして、真面目に予想していると「なんでやねん!」と言いたくなるような決着が目立ちます。

小回りだが外枠有利

大体夏の暑い時期に休養ではなくレースを走らされているような馬というのは総じて低レベルです。また、走らせている調教師や馬主の感覚としても「休養しに北海道まで金かけて輸送したんだから、函館で1回走らせて出走手当で輸送コストを取り返しておくか」ぐらいの気持ちの場合も珍しくありません。

大して強くも無い馬たちが、大して適性な距離でもないコースを、大して本気でもない状態で走るわけですから、スタートもめちゃくちゃ、展開もめちゃくちゃ、結果もめちゃくちゃになるのが普通です。(荒れるというよりは単に出たとこ勝負になりやすい)

それを新聞を見て真剣にどうにか予想をして当てようとしている人を見ると気の毒になります。もっと稼ぎやすいレースが他にあるだろうと思うのですがね。

そんな人のために1つポイントを教えるとすれば、小回りの競馬場のわりには外枠の活躍が目立つという点です。競馬ファンは小回りなので内枠が有利という意識があるのか内枠の馬の単勝複勝回収率はあまり良くはありません。

じゃあ外枠の馬を買ってりゃ良いかというと、そんなに簡単な話ではありませんが、最初に言ったように下り坂を利用して先行争いが長引きやすいので、内の馬を見ながら行くか引くかマイペースで判断しやすい外枠の馬が展開的に有利というだけです。

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項