うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

船橋競馬場1800m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

船橋競馬場のダート1800mは観客席から見て左側一番奥のポケットからスタートして、一度ホームストレッチとゴール板を通過して馬場を1周するコースレイアウトになっています。

船橋競馬1800mコース図

この船橋競馬1800mコースは、ダートグレード重賞の「日本テレビ盃」以外ではあまり使用される事がなく、使用頻度はかなり低めのコースですから、その分騎手もコース慣れしづらいかも知れません。

最初の1コーナーまでの距離が400m以上と長く、レース距離が地方競馬にしては長めの1800mですから、逃げ馬が序盤からぶっ飛ばしてハナを奪うようなレースはあまり多くありません。

内枠の馬としては外枠の馬が行くなら行かせる…という感じですし、外枠の馬としては内が先手を主張するなら下げようか…という感じになる事が多く、基本的に先行争いは激しくはなりづらいですね。

しかし、有利なのは逃げ・先行馬で、さすがに地方競馬で1800mも走ると後続の馬でも脚が残ってる(充分なスピードでスパートできるだけのスタミナ)事は稀で、のんびり先行出来た馬が最後まで押し切る形が多くなりがちです。

船橋競馬1800mの有利な枠順

船橋1800mではコーナー4回の距離設定なので、内枠の方が有利になりそうに思うのですが、実際には外の馬がコーナーで大回りするのを嫌って先行し、そのまま押し切ってしまう事も多く、意外と外枠馬の活躍が目立ちます。

日本テレビ盃の傾向

圧倒的にJRA所属馬の活躍が目立ちます。しかし、南関東所属で逃げか2番手につけられるような馬は結構粘り込む可能性が高く、過去にもフリオーソやカキツバタロイヤル、マグニフィカなどの地方馬が馬券の対象になっています。

しかし、インの先行が強いのは力量や先行力が似通っている下級から中級条件での話が中心で、重賞クラスになってくるとむしろ内枠の馬があまり馬券に絡んでいなかったり、逃げるよりもマクリ気味に上がっていける馬の方が馬券によく絡んでいます。

これを書いている2015年現在では5年連続で1番人気連勝中ですね。上位人気馬の信頼度が高いです。

報知グランプリカップの傾向

報知グランプリカップは日本テレビ盃と比べると、地方馬だけの重賞で出走馬の能力の上位と下位の差が小さいため、逃げ馬の逃げ粘りも多い一方で差し馬の活躍も目立ちます。

過去データ的には1番人気の信頼度は高いですが、これは出走各馬との能力差による相対的なところを見て毎年判断する必要があると思います。

枠順の有利不利については、やはりどちらかと言えば外枠の方が良さそうで、内が全くダメという事はありませんが、オッズ10倍前後ぐらいの外枠の馬がよく馬券にからんでいるので注意してみてください。

クイーン賞の傾向

クイーン賞もダートグレード重賞なのですが、こちらは日本テレビ盃と比べて牝馬限定という事で意外と地方馬でも能力が高ければ勝負になります。

脚質的には逃げ・先行・差し・追い込みで偏りが無い感じで、展開よりも能力がモノを言ってるな…というのが近年の傾向のようです。

人気のデータを見てみると1番人気馬の信頼度が高く、3歳馬か1番人気が勝つのがここ数年のパターンですね。

ああ!競馬で勝てん!と思ったらうまめし.com 競馬必勝法を読んでください。実は競馬で勝つのはカンタンです。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.