船橋競馬場1200m特徴

最終更新日:

こんにちは、うまめし.comの北村です。

船橋競馬場の1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

船橋1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上ほぼ平均

※船橋全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

船橋競馬場の1200mはダートコースで、1000mと1200mでは距離の違いがたった200mしかありません。その為傾向もほぼよく似たものだろう…と多くの人が考えがちです。しかし、データを分析してみると、実は全く違うと言う事がわかりました。

船橋競馬1200mコース図

船橋競馬の1200mコースは2コーナーの奥にあるポケットからのスタートになります。スタートして200m弱の直線があり、少しコーナーになったあと向こう正面に入り、そのあとは1000mコースと同じですね。

船橋競馬1200mコース図

枠順傾向

枠順の有利不利を見てみると、最内枠は勝率こそ低いものの馬券に絡む確率は統計的に他の馬番とそう変わらず、外枠に行くほど緩やかに馬券に絡む確率は下がっていくものの、どこの枠順でも極端には悪くなりません。

スタートしてすぐにコーナーがある事で、この手のコースにありがちな「内枠有利」かと思いきや、なんとここでも最内枠である1番枠の馬の勝率はかなり低くなっています。

しかし、1000m戦と明らかに違うのは最内枠の馬は「なかなか勝てはしないけど、馬券の対象には普通にからむ」と言う事。

1000mコースはスタートしてから最初のコーナーまでは350m強なのに対し、1200mコースはスタートしてから最初のコーナーまでは200m弱しかありません。

これがどんな意味を持つかと言うと、1000mコースの場合は最悪350m競り合ってしまう可能性がありますが、1200mコースの場合は200m弱の地点で危険防止の観点からも外の馬が強引に寄せて来そうなら、内の馬は控えざるを得ません。

脚質傾向

それが結果的に1200mコースでの最内枠の馬のスタミナ温存につながっているので、1000m戦と比較すると最内枠の馬が馬券に絡む確率が高まるわけです。

もちろん距離が200m長い分、勢いでは押し切られない馬がバテて、インコースをロス無く走った最内枠の馬に浮上するチャンスがある事も要因の一つだと言えます。

逃げた馬の馬券に絡む確率が1000mコースでは8割近いのに対し、1200mコースでは6割に減少し、「勝率」と言う視点で見ると1000mは4割前後なのに対して、1200mでは2割程度と半分ほどの成績になってしまいます。

また、逃げれば掲示板はまず確保できていた1000mと違い、逃げ馬が大きく敗退するケースが増える事からも200mの距離延長の影響が見て取れます。

しかし、勝った馬が3コーナーで何番手の位置取りだったのかを調べてみると、8割以上の勝ち馬が「3コーナーで3番手以内」でした。ただし、もっとも勝率が高かったのは「3コーナーで2番手だった馬」なので注意が必要です。

これは「レース中終始2番手につけれる馬」と言うよりは、「3コーナーあたりで2番手にスムーズに来れるだけの能力の高さがある馬」と考えた方が良いと思います。

人気傾向

船橋競馬1200mでは単勝1番人気の勝率が約39%で、これは船橋競馬の全体の平均とほぼ同じ数値です。地方競馬の中では悪い方ですが、南関東限定で言えば大井や川崎よりは少しマシです。

同じ1番人気でも逃げ先行なら勝率40%を超えますが、差し追い込みだと30%程度の勝率しかありません。出走頭数が少頭数でも多頭数でもあまり大きく1番人気の勝率が変動しないのは特徴的ですね。

船橋競馬1200mコースは圧倒的に下級条件での使用頻度が高いコースですが、C3クラスがもっとも1番人気が信頼できて、クラスが上がるほどに1番人気の勝率は落ちます。

馬連1番人気の組み合わせの出現率は19.4%で、回収率は77.9%でした。三連単1番人気の組み合わせの出現率は3.9%で、回収率は83.5%と、他と比べるとマシではあります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

船橋1200m 血統傾向

船橋1200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

サウスヴィグラス・ヘニーヒューズ・スターリングローズなどの産駒はファンの期待以上に走っており、ロードカナロア産駒も芝系の血統のわりには健闘できていますね。

現役時代にダートの短距離〜マイルあたりの実績がある種牡馬の産駒と相性が良いようです。

船橋1200m 重・不良馬場

特筆するべき傾向なし。

船橋1200m 騎手傾向

騎乗数の多い騎手で勝率が高いのは森泰斗・矢野・御神本あたりで、単勝の回収率も考慮に入れると矢野・本橋・張田・左海あたりが優秀で、他は少々過剰人気になっていないか注意したいところ。

船橋1200m 重賞・OP

コースレコード 1:11.5

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ