船橋競馬場1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

船橋競馬の1600mはダートコースでホームストレッチからスタートして馬場を一周する設定になっています。この船橋競馬1600mの特徴や傾向を分析して攻略したいと思います。

船橋競馬1600mコース図

船橋競馬の1600mコースはスタートから最初の1コーナーまでの距離が250mほどと、やや短めであり先行力の無い馬には厳しいコースになっています。

コーナリングの特徴

また、他の距離設定でも言える事ですが船橋競馬場は上記のコース図を見てもわかる通り、コーナー部分が緩やかに進入して出口のR(湾曲)がきつくなっていて、コーナー出口で馬群がバラけやすいコース形状になっています。

船橋競馬1600m戦の過去データを見てみると、統計上は内枠の馬ほど良い結果につながっています。外枠の馬でもすぐに先手を奪えるような馬なら良いのですが、馬群の外で中団あたりのポジションになると、Rのきつい2コーナー4コーナーでは内側から膨らんで来た馬に押し出される事を考えても不利になるのは仕方がありません。

船橋競馬1600mコーナー進入イメージ図

例えば上記のイメージ図で、8枠ピンク帽の栗毛の馬に注目すると、そこそこの位置につけているように見えますが…

船橋競馬1600m直線入り口イメージ図

一周まわって来て4コーナーから直線を向く時に内側の馬に押し出されるように外側に膨らみ、バラけた馬群の隙間を後続の馬が差し込んで来るのがわかります。(注:あくまでイメージ図であり、外ラチまで押し出されるわけではありません)

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、一応は内枠に若干有利なコース。

12345678

しかし、インの先行が強いのは力量や先行力が似通っている下級から中級条件での話が中心で、重賞クラスや多頭数のレースになってくるとむしろ内枠の馬があまり馬券に絡んでいません。

対戦メンバー間での先行力差・能力差・スタミナ差・末脚の切れ味差なども加味した上で予想をするのが良さそうです。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬の勝率は20%程度。参考までに中央競馬の小倉ダート1000mが40%で阪神ダート1400mが同じぐらいですね。

基本的には逃げ先行が有利で、差し追い込みは不利なコースですが、差し馬の1番人気と先行馬の2番人気では、差し馬の1番人気の方が10%程度勝率が高いので、ポジションも大切ですが能力の絶対値も重要です。

重賞傾向

船橋競馬1600mコースで行われる重賞は以下の通りで、レース名をクリックすると各レースの傾向をまとめた記事にアクセスできます。

騎手傾向

船橋競馬1600mコースの騎手成績を見てみると、ある程度騎乗数が多い騎手の中で勝率15%を超えているのは御神本騎手だけ。

1番人気に騎乗した時限定で見ると大体リーディング上位の騎手は大差ありませんが、左海・的場・本橋・張田京あたりは1番人気への騎乗数がそこそこ多いわりに勝率はちょっと悪いですね。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項