船橋競馬場1600m特徴

最終更新日:2021/05/19

こんにちは、うまめし.comの北村です。

船橋競馬場の1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

船橋1600mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以上
4歳以上ほぼ平均

※船橋全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

船橋競馬の1600mはダートコースでホームストレッチからスタートして馬場を一周する設定になっています。この船橋競馬1600mの特徴や傾向を分析して攻略したいと思います。

船橋競馬1600mコース図

船橋競馬の1600mコースはスタートから最初の1コーナーまでの距離が250mほどと、やや短めであり先行力の無い馬には厳しいコースになっています。

枠順傾向

人気や脚質を考慮しない枠番別の勝率は以下の通り。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
勝率8%8%9%8%8%9%9%9%

力量や先行力が似通っている下級〜中級クラスはでインの先行が強いレース多く、重賞クラスや多頭数のレースになってくるとむしろ内枠の馬があまり馬券に絡んでいません。

単純に枠だけで判断せず、対戦メンバー間での先行力差・能力差・スタミナ差・末脚の切れ味差なども加味した上で予想をするのが良さそうです。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬の勝率は20%程度。

基本的には逃げ先行が有利で、差し追い込みは不利なコースですが、差し馬の1番人気と先行馬の2番人気では、差し馬の1番人気の方が10%程度勝率が高いので、ポジションも大切ですが能力の絶対値も重要です。

船橋1600mの血統種牡馬

船橋1600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

重賞の設定が多いのは有利不利の少ないコースである証拠でもあり、そのため血統においても特定の種牡馬や系統に活躍が極端に偏っていません。

血統タイプの特色よりも、個体の持つ能力や調子・完成度の方が競走結果には影響大。

船橋1600m重不良馬場での傾向

2着3着に外枠の馬が来る頻度が少し増加する。

船橋1600m騎手傾向

船橋競馬1600mコースの騎手成績を見てみると、ある程度騎乗数が多い騎手の中で勝率トップは御神本騎手。

左海・笹川・本橋・石崎あたりは騎乗馬のオッズのわりには好走している。

船橋1600mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:35.4

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項