平和賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

平和賞は船橋競馬場のダート1600mで行われる重賞競走です。平和賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.2.3.2で、信頼度はほどほどでごく普通レベルかなといったところです。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプなので、3連単の配当は安いか荒れるかどっちか両極端な決着が多い傾向になっています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 1080 910 11700
2016 4980 14350 162660
2015 230 1610 6640
2014 1640 8680 598440
2013 530 590 23730
2012 190 310 1720
2011 1380 4420 45350
2010 1400 4410 88010
2009 250 320 3350
2008 1650 3870 56470

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠過ぎるとあまり成績が良くなくて、3枠〜5枠あたりは成績が良いですね。6枠より外になると中枠よりは劣るものの、内枠よりはマシかなというレベル。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

船橋競馬場のダート1600mコースについては、船橋ダート1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に有利ですね。差し馬は頭数に対する割合で言うと良くはありませんが、馬券に絡んだ数だけはそこそこあるので、相手候補としては無視はできません。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

予想のヒント

平和賞は暮れの全日本2歳優駿のトライアルレースとして位置づけられています。しかしながら、過去5年間の平和賞勝ち馬は5頭中3頭が全日本2歳優駿に出走せず。(内1頭は競走除外によるもの)ただ出走した2頭は3着5着とまずまずの結果にはなってますね。

牝馬だったら1着賞金2000万円の東京2歳優駿牝馬の方が、Jpn1で中央競馬や全国トップクラスの2歳馬を相手に1着賞金3500万円を奪い合うより効率が良さそうです。

基本は先行馬

先行馬が総崩れになる場合もあるんですが、基本的には先行できない馬は苦戦します。ただ先行すれば良いというわけではなく、おそらく先行して上位に残れる馬は「頑張って先行したのではなく、普通に走ったら先行ポジションが取れる馬だった」可能性が高いですね。

1番人気の信頼度は高めだが…

過去の平和賞では1番人気はそれなりに好走しています。ただ、単勝オッズが3倍を超えるような人気がある程度割れ加減の年は馬券圏外に飛んでしまう事が多いですね。

あくまで現段階の2歳で突き抜けたモノを持っているかどうかが重要って事です。

あと、鎌倉記念の上位馬も好走率が高く、過去5年の勝ち馬の内4頭が鎌倉記念上位か門別競馬からの参戦という分かりやすい傾向があります。

展開が向かずに人気馬が崩れてしまったり、2歳馬だけあって底を見せていない未知の馬が激走するパターンもありますが、基本的には人気馬は信頼できる場合が多いレースです。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする