平和賞 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

平和賞は船橋競馬場のダート1600mで行われる重賞競走です。平和賞過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は3.3.2.2

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 1 1 マカベウス 牡2 55 本田正重 1:42.8 7-6-6-4 38.6 2.7 1
5 3 3 モリノブレイク 牡2 55 吉村智洋 1:44.3 3 3-3-3-2 41.1 4.0 1
2 7 12 トーセンガーネット 牝2 54 笹川翼 1:43.4 3/4 4-4-3-3 40.8 3.3 1
2 5 5 ドンビー 牡2 55 和田譲治 1:44.0 2.1/2 3-4-4-4 39.3 1.8 1
3 8 11 マルヒロナッツオー 牡2 55 山口達弥 1:46.7 アタマ 5-4-4-2 42.3 1.6 1
1 5 5 アンサンブルライフ 牡2 55 左海誠二 1:42.5 1-1-1-1 39.9 2.3 1
4 5 5 ドライヴシャフト 牡2 55 真島大輔 1:43.8 1/2 3-3-1-1 41.1 3.1 1
2 4 6 ファイト 牡2 55 張田京 1:43.5 3 1-1-1-1 41.5 1.6 1
1 5 5 インサイドザパーク 牡2 55 左海誠二 1:43.3 4-3-4-3 38.8 1.9 1
3 8 13 サンレイレーザー 牡2 55 御神本訓 1:43.4 クビ 3-3-3-2 41.1 2.3 1

単勝オッズが3倍を超えるような人気がある程度割れ加減の年は馬券圏外に飛んでしまう事が多く、現段階の2歳で突き抜けたモノを持っているかどうかが重要。

波乱度

3連単の配当は安いか荒れるかどっちか両極端な決着が多い傾向になっています。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 270 120
140
210
370 530 230
470
470
970 1,250 4,150
2019 520 240
190
910
660 1,140 550
3,320
2,730
2,140 16,010 63,280
2018 860 220
170
1,480
340 1,380 510
8,230
3,950
3,540 25,160 163,910
2017 1,080 190
110
180
880 910 310
730
280
3,110 1,530 11,700
2016 4,980 320
190
110
2,220 14,350 2,200
950
310
48,940 6,350 162,660
2015 230 110
210
100
1,140 1,610 470
170
420
2,350 1,110 6,640
2014 1,640 460
430
660
6,000 8,680 2,110
4,900
4,460
18,340 90,290 598,440
2013 530 150
120
480
460 590 280
1,440
790
1,490 4,420 23,730
2012 190 110
110
160
240 310 140
270
350
530 500 1,720
2011 1,380 290
140
140
1,320 4,420 860
1,020
280
11,160 3,900 45,350
2010 1,400 350
220
210
7,290 4,410 1,370
1,300
610
11,060 11,670 88,010

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠過ぎるとあまり成績が良くなくて、3枠〜5枠あたりは成績が良いですね。6枠より外になると中枠よりは劣るものの、内枠よりはマシかなというレベル。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に有利ですね。差し馬は頭数に対する割合で言うと良くはありませんが、馬券に絡んだ数だけはそこそこあるので、相手候補としては無視はできません。

先行馬が総崩れになる場合もあるんですが、基本的には先行できない馬は苦戦します。ただ先行すれば良いというわけではなく、おそらく先行して上位に残れる馬は「頑張って先行したのではなく、普通に走ったら先行ポジションが取れる馬だった」可能性が高いですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

船橋競馬場のダート1600mコースについては、船橋ダート1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

平和賞は暮れの全日本2歳優駿のトライアルレースとして位置づけられています。しかしながら、全日本2歳優駿に出走するケースは少ないものの、出走した馬は3着〜5着などまずまずの結果にはなってますね。

牝馬だったら1着賞金2000万円の東京2歳優駿牝馬の方が、Jpn1で中央競馬や全国トップクラスの2歳馬を相手に1着賞金3500万円を奪い合うより効率が良さそうですし。

鎌倉記念の上位馬も好走率が高く、過去5年の勝ち馬の内4頭が鎌倉記念上位か門別競馬からの参戦という分かりやすい傾向があります。

展開が向かずに人気馬が崩れてしまったり、2歳馬だけあって底を見せていない未知の馬が激走するパターンもありますが、基本的には人気馬は信頼できる場合が多いレースです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む