かしわ記念 過去データ 傾向 予想のヒント

競馬必勝法うまめし.comの北村です。

かしわ記念は船橋競馬場の1600mコースで行われるダートグレードJpn1です。かしわ記念過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は0.3.4.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
6 5 5 モズアスコット 牡6 57 C.ルメ 1:40.5 1.1/2 4-4-5-6 37.5 2.2 1
2 6 6 インティ 牡5 57 武豊 1:40.4 1.1/2 3-3-1-1 38.2 1.6 1
3 8 11 インカンテーション 牡8 57 三浦皇成 1:39.4 アタマ 6-6-4-3 37.4 2.8 1
4 7 7 ベストウォーリア 牡7 57 戸崎圭太 1:40.7 1.1/2 3-3-3-3 39.0 2.5 1
8 8 11 モーニン 牡4 57 M.デム 1:41.2 アタマ 6-6-6-7 38.7 2.4 1
2 3 3 ベストウォーリア 牡5 57 福永祐一 1:37.6 1 2-2-1-1 37.4 1.9 1
3 7 7 ワンダーアキュート 牡8 57 武豊 1:39.6 ハナ 3-3-3-3 37.0 1.8 1
3 7 9 ローマンレジェンド 牡5 57 岩田康誠 1:38.3 1 6-6-5-3 37.5 2.0 1
2 5 6 フリオーソ 牡8 57 戸崎圭太 1:37.0 2.1/2 1-1-1-2 37.5 3.2 1
3 7 10 エスポワールシチー 牡6 57 佐藤哲三 1:38.6 1.1/2 5-5-4-3 37.7 1.4 1

こんな感じ。

波乱度

比較的低めの配当で決着する年の方が多いようですが、「堅いレース」とまではいかないかなというところですね。

過去配当一覧

毎年の傾向としては1番人気が勝たない事は多くても、馬券圏外に飛ぶ事は少なく、馬券に絡むのは毎年1番人気から6番人気ぐらいまでの上位人気ばかりなので、堅くは無いのだけれど大荒れにもならないのが傾向と言えそうです。

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 2,690 930
450
6,290 1,240
760
350
15,250 4,600 49,320
2019 190 100
100
200
120 120 110
380
390
300 560 1,630
2018 320 140
400
120
5,100 5,830 1,560
210
820
9,520 3,930 32,670
2017 320 140
180
180
1,110 1,040 350
390
550
1,740 1,620 6,930
2016 630 240
430
190
6,730 6,450 1,750
500
1,470
10,350 6,580 56,430
2015 1,840 270
120
260
1,710 1,650 430
1,630
490
6,780 4,500 45,080
2014 240 100
150
100
1,820 300
110
190
2,220 380 3,680
2013 240 100
110
100
460 480 160
120
160
760 210 1,250
2012 360 120
140
130
620 600 240
210
240
1,220 710 3,300
2011 240 100
160
100
1,040 2,500 320
110
310
3,580 380 6,150

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率という点で見ると若干外枠の方が有利ですね。馬券圏内という視点だとほぼ大差は無いと考えて良さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質に目を向けると逃げ馬の粘りはすごくて、過去10年間で2着に6回来ています。でも過去10年間で逃げきった馬がいないという事も注目しておきたいですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

ちなみに船橋競馬場の1600m戦については船橋競馬場1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法にも色々と書いているので読んでみてください。

予想のヒント

地方馬はトップクラスの馬以外は軽視できるので、基本的にはJRAの馬同士プラス地方馬1頭か2頭の少頭数レースと実質同じ事で、枠順の有利不利はあまり気にしなくて良いと思います。

1着馬の馬齢は7歳8歳9歳と高齢も目立ち、あとは4歳。つまり新しい勢力の台頭なのか、老兵の格の違いなのか?という極端な結果が過去5年では多いですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む