うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

名古屋競馬場1400m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

馬券に直結する、予想に役立つ名古屋競馬場の1400メートルの詳しい特徴について話したいと思います。名古屋競馬の千四はダートコースで、4コーナー奥からスタートして一旦ホームストレッチを通過して、1コーナーに進入してからぐるりと1周して来るコースです。

名古屋競馬場 1400mコース図

名古屋競馬の最大の特徴は直線の短さにあります。直線部分が端から端までで205mしかなく、1周1100mと言う事はコーナー部の長さが合計690mですから、1400mのレースのおよそ半分が「曲がってる」「コーナリング」で構成されていると言う事になります。

ちなみにコーナーの短い川崎競馬場だと、同じ1400mでもレースの7割が「直線」・3割が「曲線」ですから、名古屋競馬のコースが円形に近い事がよくわかります。

4コーナーを終えて、最後のゴールまでの直線距離も194mと日本一短く、このようなコースの特性から、名古屋競馬の逃げ馬の強さ有利さは他の追随を許しません。なぜなら差し・追い込みの馬にとってはスピードを出す場所が無いからです。

向こう正面に入ったところが丁度レース半分を終えた位置になるのですが、ここから加速してもバックストレッチが205mしか無いため、充分にスピードが出しきれないし、すぐに3コーナーが来るので減速しなければなりません。コーナーを終えて再び加速しようとしても直線は194mですから、スピードが乗った頃には逃げ馬はゴール板目前です。

しかし、名古屋競馬でもやたらと差しが決まる日、差しが決まる期間があります。理由は様々だと思います、馬場の砂補充を指摘する人もいますし、たまたま先行馬が多かっただけのケースもあるでしょう。とにかく差しがやたら決まる時は「いつもと何かが違う」と言う事をいち早く察知して、防衛策として撤退するか、原因を洞察してそれに順応する必要があります。

名古屋競馬の配当は安い決着が多いので、ついつい本命に大きく張りがちですが、上記のような変化に敏感で無いと「本命を買っているのに全然当たらない」と言う悲惨な状況になり、金銭的に大きなダメージを追う事になります。

1400mのコースは枠順による有利不利はあまりありません。他の距離だと800mは外枠有利、1600mは内枠有利、1800mも内枠有利になっています。同じ東海地区で頻繁に交流の行われている笠松競馬も千四が主流で、時々名古屋と笠松ではどちらが時計がかかる(タイムが速いか遅いか)のかが話題になります。

Yahoo!知恵袋では名古屋が早いと書いている人がいましたが、それは間違いで、例えば同じ馬場水分(良馬場)で同じ馬が走った場合、直線部の長い笠松の方がタイムが1秒程度早くなるのが普通です。もちろん相手関係やレースのペースによっては必ず早くなるわけではありませんけどね。

また、名古屋でいつも4,5番手で差し届かずの競馬ばかりの馬が笠松でキッチリ差し届く場合もよくあるので、馬券を買う時には注意してチェックしておくと良いですね。

名古屋競馬の騎手

岡部誠騎手が常にリーディングの上位にいて、やはり人気を集める騎手なのですが、強い馬をきっちり勝たせる事は上手い騎手だと思います。しかし、結構混戦なレースや本命不在のレースでも「しゃあない、とりあえず岡部買っとけ」と言う程度の判断で人気を集めてしまう事も多く、オッズを鵜呑みにしない方がベターです。

丸野、大畑、柿原、戸部、今井などがそれに続くリーディング順位にはなっているのですが、それ以下のリーディング12位ぐらいまでの騎手が数字上はそれほど違いが無いし、レースぶりを見ていてもそれほど差は感じられません。私の主観ですが、高知や園田のリーディング上位騎手と比べるとモチベーションに違いがあるのかなと言う印象です。

あと、名古屋競馬場騎手勝鞍ベスト100で見る数値では地味なんですが、元福山競馬の山田騎手は勝ち負け出来る馬に乗った時は良い騎乗をしますね。元々名古屋出身の騎手と比べれば乗鞍を集めるのも大変でしょうから、あまり強い馬に頻繁に載せてはもらえないでしょうけど、ここと言うところでは便りになる存在です。

名古屋競馬の馬について

他の地方競馬同様にJRAから移籍してきた馬が強い傾向にあるのですが、JRA馬なら何でも良いわけではなく、例えばスタートが絶望的に下手でJRAでは上位に行けなかった馬なんかは、先行が特別有利な名古屋ではポジション争いで負けて活躍出来ないケースもあります。

逆にスタートが「ちょっと下手」だったぐらいの馬の場合は、他の馬も大概下手なので、良いポジションを確保して結果を出す事が多いです。一番良いのはJRAのペースではスタミナが持たなかったけど、スタート「だけ」は上手かったような馬が一番移籍後活躍できますね。

過去に芝しか走っておらず、同じレースにJRAのダートでそこそこの活躍をしていた馬がいたりすると、やはりダート経験のある馬の方が人気を集めやすいのですが、あっさりと芝馬の方が勝ってしまう事も珍しくありません。

上位クラスになると先行力のある馬が揃い、かつ差し難しい名古屋でさえ差し届くような強豪がそろうので、下級条件のように単純にハナに行きそうな馬を買ってりゃ良いと言うレースにはなりません。しかし、少しでも良いポジションを確保できるようにスタートの上手い馬を買うのは重要なポイントです。

名古屋競馬の馬券の狙い

名古屋競馬は基本的に1番人気の馬の信頼度が高い競馬場です。単勝1番人気の平均配当は148円で、3着以内に入る複勝率は85.2%と高確率です。つまり単勝1番人気を外した3連復馬券などは6回から7回に1度、1日2回程度しか発生しない事になります。

このように1番人気の信頼度が高いため、楽天競馬やオッズパークのポイント狙いのぶち込みが発生する事が多く、3連複や馬連でまともに固いレースで勝負しようとすると配当的に割に合わない事が多々あります。かと言って1番人気がなかなか飛ばないので高配当も狙いづらいわけですね。ただし、朝からぶち込みしやすいレースが続いて行くと、調子に乗ってさほどかたくないけど一見固そうに見えるレースにもぶち込みが入る事があり、そんな時に逆に張る事で美味しい思いをする事ができます。

以前私が書いた記事で名古屋競馬で的中率100%で確実に利益を出す方法の記事も、馬券で勝ち組になりたいと思っている人には役立ちます。競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

名古屋競馬1400mで行われる重賞は以下の通り

うまめし.com 競馬必勝法

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

競馬初心者向けのコンテンツ

競馬アプリ

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.