園田競馬場820m特徴

最終更新日:

こんにちは、うまめし.comの北村です。

園田競馬場の820メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

園田820mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳以上平均以上

※園田全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

園田競馬場でもっとも短い距離設定となる820mコースは2コーナー奥のポケットからスタートして3コーナーと4コーナーを通過する馬場半周のコース設定です。

園田競馬場ダート820mコース図

2歳の新馬戦や、SSSと呼ばれるスーパースプリントシリーズの西日本トライアル「園田FCスプリント」など、ごく限られたレースでしか使用されません。

枠順・脚質

前に行けなきゃ終わりの逃げ・先行有利コース。

820mという短い距離なので、逃げた馬はかなり有利になりますから、最初のコーナーまでに先頭に立った馬は連対率83%とかなり高い数値です。

それだけ先行争いは激しくなります。最初のコーナーまで300m以上あるので外枠の馬も簡単には引き下がりませんから下手に内枠を引くより外枠の方が競馬しやすいケースもあります。

2歳戦の場合はインが有利なんですが、SSSの場合は最内馬の成績って実はあんまり良く無いんですよね…。

2歳戦の場合

園田競馬の2歳新馬戦などは基本的に多頭数になる事は少ないので、枠順を気にするよりは能検での評価(競馬キンキなど専門紙で見れます)や血統的な背景などを素直に信用した方が馬券は当たりやすいです。

年間10レース未満しか無いためデータの分母が極めて小さいけど、820mの2歳新馬戦では単勝1番人気の勝率は58%と園田競馬の平均と比べてもかなり高めです。

ただ、やっぱり2歳なんで実戦で走ってみたら全然騎手の言う事聞かなかった…みたいな馬もいますから、勝率が高いとは言っても大金をぶち込むのは危険です。

園田820m 血統傾向

園田820mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

しかしレースの施行数が少なく、血統のデータなど溜まるわけもなく、特にトリッキーなコースというわけでもなく、血統を馬券検討の材料にするには少々難しいのでは無いでしょうか。

血統見るぐらいなら競馬新聞の能力検定でも見た方がよほど役に立つかと。

園田820m 重・不良馬場

これまたデータが圧倒的に不足していますが、1400mや1230mで道悪になってもなんら影響が無いのに、820mコースだけ何か影響が出るとは考えづらいので、あまり考慮しなくて良いです。

園田820m 騎手傾向

リーディング上位騎手はそれなりに勝つけど、馬券的には過剰人気傾向。スタートさえ決まれば勝てるので中堅やそれ以下の騎手で好配当が狙えるコースでもある。

園田820m 重賞・OP

コースレコード 0:48.1

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項