園田FCスプリント 過去データ 傾向 予想のヒント

園田FCスプリントは園田競馬場の820mで行われる重賞競走です。園田FCスプリント過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は6.1.1.2

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 6 7 エイシンエンジョイ 牡5 57 下原理 0:49.2 1-1 35.5 1.8 1
1 6 7 タガノカピート 牝5 55 下原理 0:48.7 2-1 35.0 2.7 1
8 7 9 ナチュラリー 牡4 57 下原理 0:49.6 アタマ 5-6 35.5 3.0 1
1 3 3 マルトクスパート 牡7 57 田中学 0:48.8 4-3 34.9 1.7 1
2 7 10 カッサイ 牡5 57 永森大智 0:48.4 3/4 2-2 34.7 2.3 1
1 6 7 サクラシャイニー 牡9 57 赤岡修次 0:49.0 3-2 35.0 2.0 1
3 8 11 ディープハント 牡7 57 木村健 0:49.1 1 7-4 34.7 2.5 1
1 7 9 エプソムアーロン 牡9 57 下原理 0:48.2 8-5 33.9 2.4 1
1 2 2 エイシンマロニエ 牡5 57 川原正一 0:48.1 1-1 34.4 1.7 1
5 1 1 グランシュヴァリエ 牡6 56 永森大智 0:49.0 ハナ 7-7 34.4 2.6 1

こんな感じ。

波乱度

特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 180 110
120
460
190 230 160
860
2,100
420 2,810 4,850
2019 270 130
170
250
640 620 210
470
730
1,090 1,600 6,040
2018 310
590
200
270
130
3,690 4,030 1,420
690
590
3,760
4,810
5,280 20,870
23,920
2017 170 130
300
680
680 1,820 560
1,250
3,610
2,220 8,150 26,390
2016 370 140
120
200
490 470 220
380
390
1,230 930 4,480
2015 200 110
120
160
360 380 190
260
430
620 860 2,790
2014 530 180
380
120
3,020 7,730 2,320
460
1,020
10,290 6,090 45,650
2013 240 130
410
150
1,000 3,350 1,250
230
1,770
5,450 3,730 21,230
2012 170 110
630
110
1,510 4,240 1,590
160
1,300
4,970 2,640 18,010
2011 420 170
2,800
170
10,920 23,710 5,760
390
10,500
36,260 37,890 531,910

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、若干外枠の方が優勢ですね。内枠だとダメってことは無いんですが、4枠が死に目になっている分、大雑把に分けると外枠有利と言えそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、820mなので当然とも言えそうですが逃げ・先行タイプが圧倒的に強く、短距離すぎて前に行った馬がバテづらいので、差し・追込みはかなり展開の利がないと勝ち負けにはなりません。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

園田競馬場の820mコースについては、園田820m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

高知競馬所属馬や、高知競馬騎手の馬券に絡む確率は結構高めです。高知競馬以外でも、他場からわざわざ遠征させてくるという事は、勝算ありと踏んでの事でしょうから、やはり馬券的にも無視はしづらいですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む