メイダン競馬場芝1800m
ドバイターフ 特徴

最終更新日:

YouTubeで登録者数1.8万人のうまめし競馬チャンネルを運営しているうまめし君です!

ドバイターフはメイダン競馬場の芝1800mコースで行われる国際G1競走です。メイダン競馬場の芝1800mコースの特徴や、ドバイターフの傾向について考察していきたいと思います。

メイダン競馬場 芝1800m コース図

メイダン競馬場の芝1800mコースは向正面側の2コーナー付近からスタートして、3コーナーと4コーナーを通過するワンターンのコースになっています。

日本の競馬場では芝1800mというと殆どの競馬場ではコーナーを3回以上通過しますが、このメイダン競馬場ではコーナー2回で済む分、日本馬としては有利とまでは言えなくても走りやすい条件の1つとは言えます。

その証拠に、ドバイターフは以前行われていたナドアルシバ競馬場から、2010年に現在のメイダン競馬場に変更されましたが、それ以降日本馬はジャスタウェイとリアルスティールの2頭が勝っています。

国別の勢力図

ドバイターフでは2010年にメイダン競馬場に舞台が移って以降、南アフリカ所属の馬が6頭も馬券に絡んでいます。日本馬が2頭という事を考えると、南アフリカの競馬の知名度とは裏腹に油断できないわけです。

あとはイギリスも6頭、ドバイが4頭、フランスが2頭と続きます。アメリカはダートのレベルの高さとは裏腹に、芝のドバイターフでは全然存在感がありません。

ジョッキーの傾向

メイダン競馬場でのドバイターフの過去データを見てみると、R.ムーア・C.スミヨンあたりが上位常連といった感じで、今後は香港の雷神ことJ.モレイラあたりも名を連ねて来るかも知れません。

ドバイターフに限って言えば、ナドアルシバ競馬場時代には武豊騎手が何度も騎乗していますが、現在のメイダン競馬場に変更になって以来は福永祐一騎手が2回とは言え最多騎乗の日本人ジョッキーです。

日本人ジョッキーの得意とする脚を溜めて、直線外に出してスパートするという作戦がハマりやすい競馬場なだけに、馬騎手ともに日本勢には追い風ですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※当ページへのリンクや、論文・SNSでの紹介などは大歓迎です。単なるコピペパクリなど引用の法的要件を満たさない記事泥棒的な転載は禁止です。

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
│ ├競馬必勝法
│ ├馬連 馬単 三連複 三連単 WIN5
│ ├追い上げ競馬
│ ├競馬勝つ方法
│ ├競馬確率統計
│ ├競馬新聞おすすめ
│ ├予想ファクター
│ ├夏競馬
│ ├ダート競馬
│ ├雨競馬
│ ├競馬初心者向け
│ ├競馬アプリ
│ ├馬データベース
│ └ご案内
競馬場特徴と傾向
│ ├札幌 函館 福島 新潟 東京
│ ├中山 中京 京都 阪神 小倉
│ ├地方 海外
│ ├大井 川崎 船橋 浦和
│ ├門別 園田 高知 佐賀
│ ├名古 笠松 盛岡 水沢
│ └金沢 姫路 ば帯
うまめし競馬ブログ
 └重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ