シャンティイ競馬場
芝2400m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

フランスのシャンティイ競馬場はシャルル・ド・ゴール国際空港から見て北側にある郊外の競馬場で、日本でいうダービー・オークス・NHKマイルCに相当するジョッケクルブ賞・ディアヌ賞・ジャン・プラ賞が行われる競馬場です。

2016年と2017年には通常凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場がスタンド改修のため、このシャンティイ競馬場で代替開催される事になりました。

日本最古の中央競馬場は函館競馬場の1896年ですが、シャンティイ競馬場はフランスの競馬場の中で最古のもので1834年の5月15日に初の競走が行われたそうです。函館競馬場よりも60年以上も前から競馬が行われていたんですね。

ちなみに競馬発祥の地であるイギリスで、現在も競走が行われている競馬場の中で最古のチェスター競馬場は1539年ですからね、500年近い歴史があります!

ロンシャン競馬場 芝2400m コース図

シャンティイ競馬場の高低差は10m

シャンティイ競馬場もロンシャン競馬場同様高低差が大きい競馬場で、一番低い場所と一番高い場所で10mの高低差があります。

上記のコース図を見てもらうとわかりますが、スタートしてすぐに左に曲がりますが、そこから先は全て右回りです。普通日本の競馬場だと曲がりは右か左どちらか一方しかありませんから、一度インを取ればずっとインを通れます。

しかしシャンティイ競馬場の芝2400mの場合は最初のカーブでインを取れば、必然的に次のカーブではアウト側になり別に有利とは言えなくなってしまいます。

このへんのどう走れば一番ロスが少ないか?というのはやはり地元のジョッキーの方がよく知っていて有利なんじゃ無いかと思いますね。

日本の競馬関係者もどちらかと言えばシャンティイよりはロンシャンの方が慣れてるんじゃないかとも思いますが、エイシンヒカリがイスパーン賞というシャンティイのG1で10馬身差のぶっちぎり勝ちをしていますから、日本馬向きな面もあるのかも知れません。

イスパーン賞 結果

海外の競馬は日本ほど情報が充実していないのですが、おそらく向正面側で上り坂になって、下りながら直線に向かうというロンシャンと同じような流れになると思います。

最後の直線は若干のアップダウンがありますが、距離600mとロンシャンよりも長い直線なので、スピードのある日本馬にとっては有利になる可能性が考えられます。

シャンティイ競馬場2400m重賞リーディングジョッキー

日本でPAT発売するレースにおいてはJRAが情報提供するでしょうから、日本でも馴染みのある騎手のスペルがわからなくても問題無いかも知れませんが、例えば現地の出馬表とか見て「C.ソーミロン」て誰やねん!などと笑っていたら実はお馴染み「C.スミヨン」でしたという事で馬券を買い逃してしまうかも知れません。

忘れもしない2012年の凱旋門賞、オルフェーヴルによって日本馬初の凱旋門賞制覇なるか!?というあと一歩のところまで詰め寄らせたC.スミヨンと、それをあとわずかのところでひっくり返してしまったO.ペリエの両名、やはりシャンティイ競馬場のリーディングでも存在感がありますね。

順位 アルファベット表記 日本語表記 勝利数
1 C.Soumillon C.スミヨン 4勝
1 M.Guyon M.ギュイヨン 4勝
1 O.Peslier O.ペリエ 4勝
1 S.Pasquier S.パスキエ 4勝

血統的にはSadler's Wells産駒が強い

Sadler's Wellsというアメリカ生まれの馬の血筋を引く馬の産駒が多く活躍しているコースで、実は日本の馬ではSadler's Wells産駒でこれと言った有名な馬はいません。

ただ、Sadler's Wellsの父がNorthern Dancerという馬なので、このNorthern Dancerの仔にはタップダンスシチーやナリタブライアンなどの名馬がいます。

先程ぶっちぎり圧勝で名前の出たエイシンヒカリも、実は母の父の父の父つまり「ひいひい爺さん」がNorthern Dancerで、エイシンヒカリの父であるディープインパクトも「ひいひい爺さん」がNorthern Dancerです。

ちなみに2016年の凱旋門賞に出走予定している日本馬のマカヒキですが、実は父方母方両方の「ひいひいひい爺さん」がNorthern Dancerなんですよ。

人間だと「俺の先祖は戦国武将だぞ!」などと言っても「本人が本人だからなぁ…」という場合が多いですが、馬の場合は何代か前でもNorthern Dancerの血が入っている馬は注目していると面白いかも知れません。

とは言っても日本馬はNorthern Dancerの子孫であるサンデーサイレンス(そしてその後継の筆頭ディープインパクト等)の血筋が多いので、石を投げればノーザンに当たるというレベルかも知れませんけどね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項