金沢競馬場1500m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

金沢競馬場の1500mコースは、当たり前ですが1400mよりも100mスタートしてから最初のコーナーまでの距離が伸びるため、たった100mなのですが幾分外枠の不利が緩和され、その分内枠で先行したい馬にとっては100m分、時間にしておよそ6.5秒間前後ペースを緩めるまでに走る時間が増える可能性が出てきます。(何も競りかけてこなければ影響はありませんよね)

金沢競馬場1500mコース図

たった6.5秒間でもオーバーペースで走ってしまえば、それはレースの後半で確実に粘りを欠く事につながってしまうので、実は重要なポイントなんです。

そのため1400mコースと比べると、多少外枠の馬の方が内を見ながらマイペースを貫けるため競馬がしやすいと言えますが、5頭前後が横並びになるようなコーナー進入になるとやはりその距離損は大きいですから外枠馬は不利になります。

金沢競馬は冬季になると降雪のため開催はお休みになります。なので、翌年のシーズン再開の際にはほぼ全馬が休み明けの状態で出走してきますから、そんな時に馬柱で前シーズンの成績・実績を参考にしても全く馬券は当たりません。

要するに「身体がなまってなかった馬が来る」だけの競馬になりがちです。当然の事ですが金沢競馬の調教師が開幕戦から目一杯に馬の身体を仕上げて出走させるなんて事はまず無いです。そもそも冬の間は雪に覆われて調教が出来ないわけですから。

その分、冬の間に成長した馬や、冬場も他場に遠征して身体を動かしていた馬は開幕直後には活躍するケースが多いので注目して損はありません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項