福島競馬場ダート1000m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

福島競馬場のダート1000mは、向正面の中間からスタートし、ダートコースに進入して馬場を半周まわる距離設定です。

少なくとも近年は春の福島競馬では使われる事は殆どなく、夏の福島開催で少し使われるだけで非常に使用頻度が低いレアなコースです。

福島競馬場 ダート1000mコース図

左回りで最初のコーナーまでは334mと阪神のダート1200mよりちょっと短い程度の距離で、外枠の馬がハイペースでインに切れ込むような先行をしても1000mならバテづらいので、圧倒的に外枠有利な傾向があります。

最初に進入する第3コーナーもスパイラルカーブを採用しているためスピードを落とさず進入できますから、それも外枠の馬が思い切って行きやすい理由の1つになります。

福島ダート1000m有利な脚質

福島競馬場のダート1000mでは逃げか先行の脚質が圧倒的に強く、スタートからコーナーまでは若干の上り坂になってはいるものの、基本的に他の競馬場のダートコースほどスタミナを削られる難所が無いし、下級条件ばかりで組まれる距離設定なので、差し・追い込みの出番は殆ど皆無。

とにかくスタートとダッシュが重要で、外枠ならなお良しという感じですね。

福島ダート1000mが得意な血統

サウスヴィグラス産駒やサクラバクシンオー産駒など短距離血統の活躍が目立ちます。

福島競馬場の傾向

たとえば三冠馬シンボリルドルフは関東所属の馬でしたが、福島競馬場では一度も走っていません。関東からなら距離で言えば阪神や京都よりも福島の方が近いですが、一度も走っていません。理由は簡単で強い馬が走るようなレースが行われないからです。

また、福島競馬場が開催される時には関西地区では阪神や中京といった栗東トレーニングセンターから近い競馬場が開催されているので、わざわざ関東を通過して東北にある福島競馬場に参戦する理由がありません。

このような理由から福島競馬場では殆どが関東馬だけでレースが行われる上に、たいして強い馬は出ないという事で非常に低レベルな競走になりがちです。

そこにメイン4場(東京・中山・阪神・京都)ではあまり騎乗できないリーディング下位のジョッキーが集結し、さらに多頭数になる事も多く荒れる要素は大です。

なので福島競馬場はJRAの全10場の内、10万馬券の発生率が1位なんですよ。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項