福島競馬場ダート1150m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

福島競馬場のダート1150mは、2コーナー奥のポケットにある芝部分からスタートし、ダートコースに進入して馬場を半周まわる距離設定です。

ちなみに余談ではありますが、藤田菜七子騎手がJRA初勝利をあげたのは、この福島ダート1150mのコースなんですよ。

福島競馬場 ダート1150mコース図

右回りという点と、芝からスタートして最初のコーナーまでの距離が484mと長く、直線もさほど長くは無いので、中山競馬場のダート1200mとの共通点が多いコースです。

ただし、中山競馬場のダート1200mと違って基本的に馬場の高低差は少なく、距離自体が50m短いことから逃げ馬の勝率は福島1150mの方が上です。

福島ダート1150m有利な枠順

福島競馬場のダート1150mはどちらかというと外枠が有利になりやすいコースと言えます。理由はいくつかあるのですが、まず1つめは最初のコーナーまでの距離が長いため内枠の先行馬が外枠からの先行馬に絡まれやすく、マイペースに持ち込みづらいという点。

要するに外枠の馬がマイペースで走りやすいため有利になりやすいという事です。ただし、先行力がなければ外枠の馬はそれだけコーナーで外を通る事になり不利です。

例えば内枠の馬でも先行力が出走メンバー中で抜けていて、他の馬が競りかけて来なければ、最短距離を走れますし不利になる事はありません。

一律に内枠・外枠どちらかの枠を買い続ければ良いという事ではなく、出走馬同士の脚質のバランスを見て展開とワンセットで考える必要があるという事ですね。

福島ダート1150mが得意な血統

福島競馬場のダート1150mで勝ち星の多い種牡馬を見てみると、スウェプトオーヴァーボード・サウスヴィグラスなどのダート短距離で成績の良い種牡馬の仔が良く勝っています。

その一方でダイワメジャー・サクラバクシンオーなどの芝の短距離で活躍している種牡馬も高水準の成績を残していて、コースの高低差も少ない事もあって、本来パワーの必要なダートコースの割にはパワーがそれほどなくてもスピードがあれば結構戦えるコースと言えます。

ダート血統でもクロフネ産駒のようにスタートでモタっとしてしまうタイプはそれほど目立った活躍がありません。

福島競馬場の傾向

たとえば三冠馬シンボリルドルフは関東所属の馬でしたが、福島競馬場では一度も走っていません。関東からなら距離で言えば阪神や京都よりも福島の方が近いですが、一度も走っていません。理由は簡単で強い馬が走るようなレースが行われないからです。

また、福島競馬場が開催される時には関西地区では阪神や中京といった栗東トレーニングセンターから近い競馬場が開催されているので、わざわざ関東を通過して東北にある福島競馬場に参戦する理由がありません。

このような理由から福島競馬場では殆どが関東馬だけでレースが行われる上に、たいして強い馬は出ないという事で非常に低レベルな競走になりがちです。

そこにメイン4場(東京・中山・阪神・京都)ではあまり騎乗できないリーディング下位のジョッキーが集結し、さらに多頭数になる事も多く荒れる要素は大です。

なので福島競馬場はJRAの全10場の内、10万馬券の発生率が1位なんですよ。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項