競馬の未勝利戦攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

JRAの競馬は普通朝の1レースは未勝利戦からはじまります。(最近は障害レースのケースも増えましたが)そして、もっとも施行回数の多いのも未勝利戦です。つまり、未勝利戦を攻略してしまえば、競馬は午前中からスタートダッシュを効かせて楽に一日を戦えると言う事になります。

未勝利を制する者が馬券を制すると言っても過言ではないのです。そこで今日は未勝利戦を攻略する裏技を書きたいと思います。未勝利戦と一言で言っても、実は中身が全然違うことをご存知でしょうか?

未勝利には4つのタイプがある

2歳未勝利・3歳未勝利(冬)・3歳未勝利(春夏)・3歳未勝利(秋)と、簡単に大きく分けて4つにタイプが存在します。

もちろん、これらはJRAの番組上は「2歳未勝利」と「3歳未勝利」としか書かれてはいません。しかし、上記にあげた4つの未勝利戦は、いずれも中身が全くと言って良いほど違うので、馬券を買う時もその違いを考慮していないといけません。

あと1つ注意点ですが、新馬戦も言わば勝っていない馬しか出走しないので未勝利戦と言えば未勝利戦なのですが、基本的に既走馬が多く出走する未勝利戦と違い、新馬戦はスローペースで流れて直線勝負と言うレースが多いため、今回の話では除外します。

「騎手もとりあえず一回走ってみなければわからない」新馬戦と違い、未勝利戦は「騎手が、まぁ感触はつかめたかな」と言う状態なので、これを同列に扱うのはちょっと違う気がします。

未勝利戦の勝ち上がりモデル図

仮に今年の競馬デビューした馬が下記の1番から32番までの32頭だったと仮定します。すると、最初は言うまでもなく全馬32頭が未勝利戦を一緒に戦う事になります。

ですが、下記のモデル図のようにキッチリとではありませんが、概ね強い者から順に未勝利戦を勝ち上がって行く事になります。

※スマホなど画面の小さい人見えづらくてすみません
※能力値の低い馬ほど数が多いのは、どの世代も強い馬はひと握りで、あとは平凡な馬が多いからです。

未勝利勢力図モデル1

最初は一番左の表の状態だった「未勝利馬勢力図」が、時を経るに従って右の表へ移行して行きます。

つまり、これで何がわかるかと言うと、最初の頃の未勝利戦は人気上位馬(≒能力の高い馬)が頼りになるので比較的馬券は展開が読みやすかったりして的中させやすいわけです。しかし、右側の表に移行していくに連れて、各馬の能力差が上位と下位で大差がなくなってくるため、

ちょっとのスタートの差や展開のアヤで簡単に人気馬が負けるようになります。裏を返せば人気薄の馬の一発が増えると言う事です。上記のモデル図には「平凡な馬未満のどうしようもなく弱い馬」は記載されていませんが、当然、実際の競馬においてはそういう馬も混じって競走するわけです。

そして、そういう弱い馬は月日が経てば地方競馬に活路を見出したり見切りをつけて引退させたりして、結局最終的には「平凡な馬のどんぐりの背比べ」になります。

あと、基本的に未勝利戦は勝ち上がるだけで降級や下位からの昇級がありませんが、500万円下クラス以上の条件戦になると、上位からの降級と下位からの昇級があります。それをモデル図にしたものが下の表です。

未勝利勢力図モデル2

能力上位の馬が勝ち上がって減った分、下位クラスを勝ち上がった馬が補充されます。つまり、基本的に「勝ち上がりの順番待ち」である未勝利戦と違い、500万条件以上のクラスでは実力要素よりも、運の要素がレースを支配する割合が増えて来ます。

上記の図を見てもわかる通り、未勝利戦をなんとかやっとこさ勝てた…と言うレベルの馬では、そこから先の上のクラスではかなり苦戦を強いられると言う事ですね。要するに時期によって同じ「未勝利戦」と言う名前のレースでも、全く性質が異なっているわけです。

4種類の未勝利戦を攻略する裏技とは?

2歳の未勝利戦の特徴は「混沌」です。2歳の時期の未勝利戦は各陣営(調教師)も馬の適性をつかめているとは限らず、芝でデビューしたあとダートを使ってみたり、短距離でダメだったら長距離を使ってみたり、
乗っている騎手にしても逃げて良いものか、差して良いものか、探りながらの部分もあるわけです。

それに、この時期は1ヶ月あれば馬が成長して、前走の負けは一体何だったんだと思えるような活躍をするケースも少なくありません。したがって、この時期の未勝利戦は理詰めで馬券をとる事が難しい時期と言えます。統計的には1番人気の馬はよく勝っているのですが、オッズがアテにならないので判断が難しいわけです。

次に年が明けて3歳の冬の時期になると、春の大きなレースを目指して大物や期待馬が出走するので、強い馬が強い勝ち方をするケースが増えてきます。こういう頭ひとつ抜けた馬がいるレースでは比較的簡単に馬券をとれます。
しかし、頭ひとつ抜けた存在がいないメンバー構成のレースでは、やはり2歳の時と同様に、まだ手探りの状態の馬も多く、馬券的には難しい時期と言えます。

この時期まではJRAのオフィシャルWEBサイトの出馬表を見ているだけでは、各馬の仕上がり状態や成長度合いは馬券購入者にはわかりませんから、どうしても新聞などの情報源が必要になってきます。

これが3歳の夏の時期になってくると、そろそろ限界が見えてくる馬も沢山出てきます。芝もダートも試した、短距離も長距離もダメ、騎手も変えてみた、逃げても差してもダメ、「じゃあ、そろそろ地方競馬に移籍を考えようか・・・」と言う馬がゴロゴロ出てきます。

その弱い弱いレベルの出走馬の中に、訳あって「春の大舞台には間に合わなかった馬」がポンと出走すると、あっさりと勝ってしまうわけですね。

そりゃ、今後地方競馬に移籍して、そこですら勝てるかどうかわからないような馬と、体調などが順調に行っていれば、今頃G1や重賞で上位人気馬とライバルになっていたような馬とでは、もうハッキリと能力の差がありますから。

このへんの時期になると、競馬新聞などの情報源は必要ありません。もちろん、あればあったで役に立つのですが、JRAのオフィシャルWebサイトで見れる出馬表だけでも、能力差がハッキリ把握できるからなくてもOKなんです。

さて、これが秋が近付いて来ると、3歳の未勝利番組がなくなってしまいますから、地方競馬の馬主資格がある馬主は地方競馬に愛馬を移籍させたり、地方馬主に馬を譲り渡します。しかし地方馬主の資格がない馬主や、地方競馬の馬主に愛馬を引き取ってもらえないケースでは、3歳未勝利の番組がなくなるギリギリまでJRAに所属してレースを走ります。

こういった違いを知っているだけでも馬券勝負を有利に運ぶ事ができます。知っていると知らないとでは大違いなんですよね。

競馬で儲ける詳しい手法についてはうまめし.com 競馬必勝法で公開しています。本気で競馬で勝ち組になりたい人以外はアクセスしないでください。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項