三連単フォーメーション10点以内におさまる頭数配分

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

三連単のフォーメーションで買い目が10点以内におさまるようにするにはどのような頭数配分のパターンがあるのかを調べてみました。

1頭目1
2頭目2 3
3頭目2 3 4 5 6 7

これで10通りの組み合わせになります。

マークカードには以下のように書いても意味は同じになります。

1頭目1
2頭目1 2 3
3頭目1 2 3 4 5 6 7

2頭目と3頭目の欄にも1番が書いてありますが、1頭目が1番しか選択肢がないので、結局1番が1着になる以外の組み合わせは買わない事になりますね。

他のパターン

1着2着は2強対決ムードで、3着は幅広く行きたい時のパターン。(10点)

1頭目1 2
2頭目1 2
3頭目3 4 5 6 7

1着2着は2強対決ムードではあるものの、一方が潰れた時に備えて第三の馬を2着候補に据えておくパターン。(10点)

1頭目1 2
2頭目1 2 3
3頭目3 4 5

1着2着は1番がやや優勢ながらも三つ巴戦の雰囲気で、3着に伏兵馬を混じらせておきたい時のパターン。(10点)

1頭目1 2 3
2頭目1 2 3
3頭目2 3 4

頭は堅いが2着3着候補は結構色々な馬が捨てがたいような時のパターン(10点)

1頭目1
2頭目2 3 4
3頭目3 4 5 6

他にもフォーメーション点数のシミュ-レーションができるので、フォーメーション点数計算アプリで色んな組み合わせを試してみてください。

またレースによってはフォーメーションを買うより流しやボックスの方が向いている場合もあり、詳しい事は三連単 ボックス 流し フォーメーション 違いと比較解説に書いているので、良かったら参考にしてみてください。

1頭→2頭or3頭→残り…がベストかな

1頭目を3頭チョイスしてしまうと、他の馬の選択肢が狭まってしまいフォーメーションの良さが生きないような気がします。

1頭目2頭目は出来るだけ少ない頭数でまとめて、3頭目を手広く行くのが効率良いんじゃないかと思います。馬券圏内の3つの席の中で、人気薄でももっとも到達しやすい着順は3着ですからね。

それに1着候補に沢山の馬を選ばなきゃならない時点で、そのレースは読みきれているとは言いがたいと思うのですよ。

いくらフォーメーションを10点以内におさめたところで、当たらなければ意味がなく、もっと言えば長い目で見たトータルの収支でプラスにならなければ意味がありません。

そんな馬券でトータルで勝つ勝ち方はうまめし.com 競馬必勝法で公開しているので、良かったら参考にしてみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項