札幌競馬場芝2000m特徴

最終更新日:2020/07/18

こんにちは、うまめし.comの北村です。

札幌競馬場の芝2000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

札幌芝2000mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以上
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7×
8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

札幌競馬場の芝2000mコースは夏競馬最大の重賞レース「札幌記念」の舞台となる重要なコース。しっかり分析して特徴を掴んで攻略し、あなたの競馬予想に役立ててもらいたいと思います。

札幌競馬場 芝2000mコース図

札幌競馬場の芝2000mコースは4コーナー奥のポケットからスタートし、ホームストレッチを存分に使って一度ゴール前を通過し、そこから馬場を一周するコースです。使用頻度はあまり高くはありません。

スタートゲートから最初のコーナーまでの距離は385mあるので形状的には極端に内枠も外枠も有利不利が発生しづらいのですが、過去の統計データを見る限りでは複勝率は1枠が最も高く、そこから外枠になるに連れて複勝率が低くなっています。

展開面

大体1枠の馬がハナを切ろうと先頭を伺うパターンが多く、多頭数の場合だと外枠の馬がコーナーが来るまでの間になんとか少しでもコーナーを小さく回れるポジションを獲得しようと積極的に動くため、内枠・中枠で先行力の無い馬は馬群に包まれます。

そのため4コーナーから直線を向いた時に、インコースの馬進路確保が厳しくなって、スペースが出来なかったり、他の馬に進路を奪われた馬はせっかくインで脚を溜めていても不発に終わる事があります。

そんな事をしている間に外枠の馬が馬群の外の広い空間を使って一気に伸びて来る事も多く、直線が短めなコースの割には差しもよく決まってます。

札幌記念

札幌記念は夏の間に北海道で休養していた馬の出走が多く、これから秋のG1に向けて走れる身体を作っていく段階にあります。

なので1番人気の馬が凡走したり、上位には来ても微妙に勝ちきれないなど、そういういかにも調整途上っぽい結果になる事が多いですね。

札幌記念 過去10年データ

札幌芝2000m 血統傾向

札幌芝2000mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンス系の血統が普通に強いですが、そのぶん人気も集中するので馬券的には美味しくないですね。

血統は気にせず、各馬の個体差や調子・デキと言った部分に目を向けた方が馬券的には正解でしょう。

札幌芝2000m 重・不良馬場

札幌競馬場は夏競馬でしか使用しませんし、さらに夏の北海道は雨が少ないですし、芝2000mの使用頻度も少なく、道悪のデータが極端に少ないため、特筆する傾向はありませんし、それが必要となるシーンも少ないでしょう。

私の経験も踏まえると、稍重ぐらいではあまり気にしなくても大丈夫ですが、重馬場まで進み普段よりもかなり時計がかかる(レースタイムが遅い)馬場になると、1番人気が簡単に飛ぶ可能性は増加します。

※脚元がぬかるみ、余計なパワーを必要とし、スタミナを削られるため。

札幌芝2000m 騎手傾向

ここ数年はルメールがずっと勝利数1位ではあるんですが、年々勝率などが低下しているので、そのあたりは頭の隅に入れておきたいところ。

札幌芝2000m 重賞・OP

コースレコード 1:58.6

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項