札幌競馬場ダート1000m特徴

最終更新日:2020/07/18

こんにちは、うまめし.comの北村です。

札幌競馬場のダート1000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

札幌ダート1000mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以上
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

札幌ダート1000mの特徴を分析して、傾向や攻略法を見つけていきたいと思います。札幌競馬場のダート1000mはバックストレッチ側の2コーナー終点からスタートして、ワンターンするコースレイアウトになっています。

札幌競馬場 ダート1000mコース図

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は284mで、物凄く短いというわけではありませんが、長いとも言いがたい長さになっています。

なので一見すると内枠の先行馬がパッと出て行って先手を取り、そのままの隊列で行った行ったの展開で決まるかと思いきや、実は以外に外枠の方が有利です。

1000mという中央競馬で設定される最短距離の競走では、逃げ先行馬が簡単にはバテません。なので外枠の馬としては指をくわえて見ているわけには行かず、積極的に外からでも先手を取りに動きます。

その結果内枠の馬は外から来たダッシュの良い馬に被せられて不利を受けてしまったり、外枠の馬に先手を譲りたくなくてオーバーペースになりがちです。

逃げ馬の勝率は高く、他の競馬場でダート1200mコースの逃げ馬勝率は大体20%台なのですが、札幌ダート1000mでは30%台に達しています。

この事からも先手を取るのに躍起になって、その結果先行争いが激化するというのは容易にイメージがわきますよね。

単勝1番人気馬の成績はJRA全レース平均よりも高く、荒れるか堅いかで言えば堅い決着が多いコースだと言えます。

札幌競馬場のダート1000mで行われるのは殆どが未勝利戦と500万下クラスの競走で、未勝利戦の方が1番人気は勝率が高いです。

札幌ダート1000mの血統種牡馬

札幌ダート1000mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

上記2種牡馬は札幌ダート1000mのツートップと言った感じですが、種牡馬自身が現役時代に芝・ダート問わず短距離で活躍していた馬の産駒は結果を出してますね。

平坦なコースですし、短距離なのでスピード・瞬発力が重要です。

札幌ダート1000m重不良馬場での傾向

札幌ダート1000m騎手傾向

札幌ダート1000mで行われる重賞・主要レース

とくに主要レースなし。

コースレコード 57.5

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
│├競馬で勝つ方法 研究レポート
│└競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項