佐賀競馬場1750m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ここでは佐賀競馬の1750mコースの詳しい特徴や傾向、それから攻略法について考察していきましょう。佐賀競馬場の1750mはバックストレッチの丁度真ん中あたりからスタートして、馬場を1周半するコースレイアウトになっています。

佐賀競馬場1750mコース図

スタートから最初のコーナーまで150mとやや短めで、各馬コーナーに向けてインに早めに寄せて行きたいので、ポジション争いはスタートとダッシュが重要になります。

佐賀競馬場1750m 枠順傾向

佐賀競馬場の1750mコースは最初にも言ったように最初のコーナーまでの位置取りがレース結果に大きく影響するわけですが、一見するとインコースを取りやすい1枠2枠あたりが有利なように見えます。

ですが、実際に統計データを見てみると、特に枠の内外によって大きな有利不利はなく、データの数字だけで言えば5枠が妙に勝率が高いのが気にかかります。

たまたま5枠に強い馬が多かっただけという可能性を考慮して、データを1番人気だけに絞り込んで見てみると、意外な事実がわかりました。

枠順をざっくりと1枠から4枠までと5枠から8枠までの2つに分けてみると、同じ1番人気馬のデータでも、内枠の方が勝率が高かったのです。

ただし、1枠はあまり成績が良いとは言えず、やはりインコースの砂が深い佐賀競馬場という事もあって、外から寄せられやすい最内は若干不利なのかも知れませんね。

佐賀競馬場1750m 人気傾向

佐賀競馬場の1750mの人気傾向を見てみると、オープンやAクラスからCクラスまで幅広いクラスで使用されるコースではあるものの、どのクラスでも安定して1番人気は40%以上の勝率を誇っています。

1番人気の7割か8割ぐらいは山口勲騎手や鮫島克也騎手が騎乗しているんですが、この両名だと1番人気の勝率は50%オーバーで、それ以外の騎手になると10%ぐらいは割引して考えた方が良さそうです。

また馬齢の視点から見てみると、1750mという距離は地方競馬では「やや長め」の距離設定になるためスタミナが必要になり、まだ未熟な2歳馬では単勝1番人気だと言ってもあまりアテに出来ません。

3歳ぐらいから走りきれるスタミナが備わり、4歳5歳がピークで、6歳を超えると衰退期に入って、また勝率の低下が見られます。

佐賀競馬場1750m 脚質傾向

1750mもの距離になれば、短距離コースとは違ってそれなりにスタミナが要求されるので、やはり短距離コースと比べれば逃げ馬の勝率は落ちます。

決まり手の比率としては逃げが2割でその他が8割ぐらいなので、何でも良いからとにかく逃げてしまえばOKというわけではありませんが、やはり楽に逃げられる展開になると有利な傾向にありますよね。

競馬は勝ちに直結する情報や知識を知っている者が馬券で勝ち、無知な者がそれに貢ぎ続けるという図式が何十年も続いています。もし、あなたがこれ以上馬券でお金を失うのが嫌なら、うまめし.com 競馬必勝法を読んでみてください。

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項