マーチンゲール法を競馬で実践
【応用・アレンジ】

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

マーチンゲール法とはオッズ2倍の馬券を、当たるまで賭け金を2倍ずつ増やしながら賭ける方法で、この方法だと何連敗していても1回当たればプラス収支にする事ができます。

当たった場合は勝ち逃げするか、賭け金を一番最初に戻して最初から繰り返します。

もくじ

マーチンゲール法の詳細

具体的には以下の表を見てください。

マーチンゲールと均等買いの比較表

一般的な定額を賭ける方法では、馬券の的中回数を増やさないとプラス収支にはなりませんが、マーチンゲール法なら8連敗していても、最後に1回勝てば全ての損金を回収した上に利益が得られます。

競馬に応用するアレンジ方法

競馬のオッズは馬券の売れ行きによって変動するので、常に2倍のオッズに賭ける事が難しいため、マーチンゲール法を競馬で実践するには、多少応用やアレンジが必要になってきます。

とは言え別に難しい話ではなく、レースごとに損金合計 ÷(オッズ ー 1)と計算すれば、最低何円賭ければ良いかは分かります。

競馬は馬券締切前後にオッズが急に下がったりする事もあるので、その最低賭け金を参考に、自分が馬券を買った後にオッズが変動するのを見越して、ちょっと多めに賭けるのがコツでしょうか。

賭け金の計算はアプリを使えば簡単。
マーチンゲール・賭け金計算アプリ

マーチンゲール法を競馬で実践

では実際の競馬で実践してみたいと思います。中央競馬の単勝1番人気がオッズ2倍前後になる事が多いので、単勝1番人気を買い続けるパターンで結果を見てみましょう。

1日目

2021年・5月1日(土)の東京競馬の1レースから実践した結果は以下の通り。

レースオッズ賭け金結 果払戻し収 支
11.8100ハズレ0-100
23.3100ハズレ0-200
32.4300ハズレ0-500
41.8700ハズレ0-1200
52.01300アタリ2600+100
63.2100アタリ320+320
73.0100ハズレ0+220
82.1300ハズレ0-80
92.3600ハズレ0-680
104.0400ハズレ0-1080
113.3700ハズレ0-1780
123.9800ハズレ0-2580

2日目

2021年・5月2日(日)の東京競馬の1レースから継続。

レースオッズ賭け金結 果払戻し収 支
13.01600アタリ4800+620
22.9100ハズレ0+520
33.3100ハズレ0+420
43.3200アタリ660+880
53.0100アタリ300+1080
63.4100ハズレ0+980
72.0200アタリ200+1180
81.9100アタリ190+1270
92.6100ハズレ0+1170
104.4100アタリ440+1510
112.4100ハズレ0+1410
123.2100ハズレ0+1310

3日目

2021年・5月8日(土)の東京競馬の1レースから継続。

レースオッズ賭け金結 果払戻し収 支
12.8200ハズレ0+1110
22.3400ハズレ0+710
32.1800ハズレ0-90
43.1900ハズレ0-990
52.12800ハズレ0-3790
62.16000ハズレ0-9790
72.78000ハズレ0-17790
82.713000ハズレ0-30790
91.850000ハズレ0-80790
101.9100000ハズレ0-180790
112.4150000ハズレ0-330790
123.2200000ハズレ0-530790

単勝1番人気が1日全敗でした。

連敗が続き、賭け金が増えてくると、0.1のオッズ変動でも影響が大きくなって来るので、多め多めに賭ける必要があり、それがさらに賭け金の爆発的な増加に拍車をかけます。

多分ふつうの人ならメンタル的に相当なダメージを受けているはず。

メンタルとの戦い

普段よほど自信のある馬であっても何十万円も買うのって、かなりの勇気・度胸が必要ですが、自信があるわけでもなく単に「1番人気だから」という理由だけで何十万円以上の金は突っ込めないですよね。

こちらが何十万円も賭けていたとしても、騎手にとってはよくある平凡なレースの1つに過ぎず、テキトーな騎乗をされたりすると怒りでさらにメンタルへのダメージが広がります!

1番人気を狙う方法は、締切間際に同じオッズの馬が2頭いると、どちらに賭けるか迷います。自分の賭けた方が最終的に2番人気になってしまい、結局勝ったのは1番人気…みたいな結果になるときつい。

買い目を変えてみる

単勝1番人気だからいけないのでは無いか?と考え、単勝2番人気ならどうか?3番人なら?日刊スポーツのコンピ指数1位とか、枠連だったら…とか、色んなパターンを調べてみた事があります。

しかし、オッズが低いと賭け金が急激に増えてダメになり、オッズが高いと賭け金は緩やかにしか上がらないけど、当たらないので連敗しやすく、ある程度高い金額を延々と賭け続けなければなりません。

どちらにしても連敗で資金がキツくなるのは同じ。

オッズと的中率の関係

オッズと勝率の相関

連敗しない買い目があればマーチンゲール法は必勝法と言えますが、それを実現できるのは八百長だけで、八百長ができるならそのレースだけ買えば良いのでマーチンゲール法は必要無いというジレンマ。

(※八百長は犯罪です!良い子はやらないように!)

賭け方を変えてみる

連敗・賭け金増加に、賭け方を変えて対処できないか?

レース数に上限を設けて仕切り直す

15連敗・20連敗とかになると賭け金が爆発的に増えるので、例えば8連敗したら一旦そこで賭けをストップして、もう一度最初からやり直すという方法はどうでしょうか?

以下はオッズ別に8回以内に当たる確率をグラフにしたものです。

マーチンゲールの法則-8回試行時の成功確率グラフ

上で載せたグラフを見ての通り、オッズ2倍で8回勝負の場合、マーチンゲール法で勝てる確率は約98%ですから、もし8連敗したら1区切りとして、また100円からスタート…という方法はどうでしょうか?

成功率が98%と言う事は、100回チャレンジすると98回成功して、2回くらいは8連敗しますから、成功時の利益が合計で9800円、失敗時の損失が5万1000円となります。

そう、成功時の利益で失敗時の損失をカバーするには全然足りないのです。

「仕切り直し」とか「損切り」などと呼ぶと聞こえは良いのですが、要は資金の少ない人が資金パンクしたのと全く同じ事なんですよね。

仕切り直し後の賭け金はちょっと増やす

仕切り直し後は賭け金をちょっとだけ増やす方法はどうでしょうか?

たとえば最初は100円からスタートし、8連敗して仕切り直した後は500円スタートで、100円スタート8連敗分の損を回収できたら、また100円スタートに戻すという考え方。

この方法だと上手く行けば100円スタート8連敗分の負けを取り返す事ができるかも知れません。

しかし、500円スタートでも8連敗したら、次は3000円スタート…みたいな感じで、やはり不調時に賭け金が増加して行くのは同じで、私も実際に試してみましたがダメでした。

過去最大連敗数に近くなるまで賭けずに待つ

とにかくマーチンゲール法は連敗してしまってはいけないのだから、賭けずに連敗が起きるのを待ち、連敗し始めたら「そろそろ頃合いか」というあたりから賭け始めるのはどうでしょうか?

たとえば単勝1番人気は2010年以降のデータだと、最高26連敗という記録があり、この10年間1番人気は27連敗していないので、1番人気が20連敗するのを待ち、20連敗目を確認した次のレースからマーチンゲール法をスタートしてはどうでしょうか?

一見するとこの方法は良さそうに思いますが、実は10年間で20連敗以上に到達したのは5回なので、そもそも賭けのチャンスが2年に1回くらいの割合でしか訪れません。

まあ賭けずに見てるだけなので損害はありませんが、逆に儲けるチャンスも見送っています。

確率の小難しい話はしませんが、要は試行回数を減らしているだけの話。2年に1回しか賭けないのなら、別に連敗を数えなくても適当なタイミングでスタートしても大体上手くいきます。

さらにもう1つの問題は、過去10年では26連敗が最高でしたが、いきなり30連敗とかの記録更新をする可能性もあるので、待ったからと言って必ずしも上手くいくとも限りません。

解決策

マーチンゲール法は連敗さえしなければ必勝法だが、その連敗を防ぐ事が容易ではありません。

ではどうすれば良いか?

答えは実にシンプルで、どの馬が勝っても儲かる賭け方をすれば良いという事になります。

競馬の配当(オッズ)は競馬ファンの購入した馬券の金額によって算出されています。沢山馬券が売れている馬は配当が安くなり、あまり馬券が売れていない馬は配当が高くなります。

なので馬券の売れ行きによって、オッズにはしばしば不自然な歪みができます。

そのオッズの歪みを利用すれば良いのです。詳しい話は競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法に書いているので、ぜひ今すぐ読んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

ダートカテゴリー

雨競馬

ご案内 注意事項