マーチンゲールの法則
シミュレーション

最終更新日:2021/05/22

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

マーチンゲールの法則が実際に競馬などのギャンブルで必勝法として機能するのか、色々シミュレーションして検証してみたいと思います。

もくじ

マーチンゲールの法則とは

マーチンゲールの法則とは、外れた時の賭け金を小さく、当たった時の賭け金を大きくする事で、トータルで利益を出す事ができる主にギャンブルで行われるベッティング手法です。

一般的なベッティング

たとえば毎レース100円ずつ買った場合…

回 数オッズ賭け金結 果払戻し収 支
12.0100ハズレ0-100
22.0100ハズレ0-200
32.0100ハズレ0-300
42.0100アタリ200-200

このように2倍の馬券を狙って4戦1勝では、収支はマイナスになります。

マーチンゲールの法則

マーチンゲールの法則を使って外れたら賭け金を倍増・当たったらストップという賭け方をした場合…

回 数オッズ賭け金結 果払戻し収 支
12.0100ハズレ0-100
22.0200ハズレ0-300
32.0400ハズレ0-700
42.0800アタリ1600+100

どっちもオッズ2倍の馬券で4戦1勝だけど、マーチンゲールの法則ならプラス。

18世紀フランスのギャンブラー達に好まれた手法で、19世紀に入って確率の研究が進みマーチンゲールの法則と名が付き、今では株やFXなどにもナンピン買いなどと呼ばれて応用されています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

連敗すると賭け金が莫大に

マーチンゲールの法則は、負けたら賭け金を増やすので、連敗が続けば続くほど必要な賭け金は莫大になっていきます。狙うオッズが低ければ低いほど賭け金上昇のカーブは急激になります。

オッズ別の賭け金増加グラフ

マーチンゲールの法則-オッズ別-賭け金増加グラフ

なのでオッズが高い馬券を狙う方が賭け金が少なくて良さそうに思いますが、オッズの高い馬券はそれだけ当たる確率も低いので、連敗するリスクが増加します。

オッズ別の成功確率

下記のグラフは8回賭けを行った時のオッズごとの成功率を表したもの。

マーチンゲールの法則-8回試行時の成功確率グラフ

やはりオッズが高い馬券は的中率が低いぶん、成功確率は低くなっていますね。

マーチンゲールの法則では当たった時に利益が発生するので、的中率が高くないと儲けるチャンスが減るという事でもありますから、資金と賭けるオッズのバランスは大切。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

シミュレーター作ってみた

マーチンゲールの法則は、資金が尽きる前に的中させてしまえば、延々と儲けが発生する。どれくらいの資金があれば大丈夫なのかを知るために、連敗シミュレーターを作ってみた。

Pythonと呼ばれるプログラム言語を使って、オッズ2倍の単勝が何連敗するかシミュレートしてみました。

オッズ2倍だと1番人気のデータに近いですが、現実だと常にオッズ2倍ピッタリの馬がいるとは限りませんが、目安にはなるでしょう。

結果

1回目のシミュレーションの結果、約1万2000レースで最高連敗数は19連敗でした。

そのシミュレーションを何度か繰り返した結果、最高26連敗という回がありました。100円からスタートして賭け金を倍々にしていっても、総額134億円あれば大丈夫という計算になります。

とんでもねえな!オイ!

ちなみに19連敗でも総額1億円必要なんですよねぇ…。

シミュレーター

私と同じ事ができるシミュレーターを以下に用意しました。オッズを入力してボタンを押すと、一瞬で12480レース分のシミュレーションを行い、最大連敗数を調べる事ができます。




最大連敗数:入力待ち

ボタンをポチポチ押せば、何回でも試す事ができます。

大金を用意してみた

「大金を用意してみた!」と言う人のために書きますが、上記のシミュレーションの結果、どうやらマーチンゲールの法則を実践するには結構な大金が必要だという事がわかりました。

仮に億単位のお金を用意できたとしても、想定していた以上に連敗したり、当たったけど同着だから配当が激減したり、そもそも何千万円も1レースに賭ければ、自分の投票でオッズが下がってしまいます。

なのでお金が無尽蔵にあったとしても、現実的にオッズをキープして賭けるという事が難しいんです。

回数の上限を決めてみた

マーチンゲールの法則-8回試行時の成功確率グラフ

上で載せたグラフを見ての通り、オッズ2倍で8回勝負の場合、マーチンゲールの法則で勝てる可能性は約98%ですから、何億円にも膨らむまで賭け続けるのではなく、8連敗したら1区切りとして、また100円からスタート…という方法はどうでしょうか?

成功率が98%と言う事は、100回チャレンジすると98回成功して、2回くらいは8連敗しますから、成功時の利益が合計で9800円、失敗時の損失が5万1000円となります。

そう、成功時の利益で失敗時の損失をカバーするには全然足りないのです。

回数・オッズなどを変えてもそれは同じです。

ではどうすれば良いか?

答えは実にシンプルで、どの馬が勝っても儲かる賭け方をすれば良いという事になります。

競馬の配当(オッズ)は競馬ファンの購入した馬券の金額によって算出されています。沢山馬券が売れている馬は配当が安くなり、あまり馬券が売れていない馬は配当が高くなります。

なので馬券の売れ行きによって、オッズにはしばしば不自然な歪みができます。

そのオッズの歪みを利用すれば良いのです。詳しい話は競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法に書いているので、ぜひ今すぐ読んでみてください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項