プロキオンステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

プロキオンステークスは中京競馬場のダート1400mで行われる重賞です。プロキオンステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を見て行きたいと思います。

プロキオンステークスの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3勝しかしておらず、傾向としては普通かやや頼り無いといった信頼度だと思います。

うまめし偏差値:46 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は46のBタイプで、全体的に配当が安い年の方が若干多いものの、荒れる時はしっかり荒れている傾向があります。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 780 2750 25410
2017 330 1020 4510
2016 670 10480 55100
2015 190 6620 18430
2014 590 4070 26140
2013 11920 24290 302950

プロキオンステークスは元々阪神競馬場(や京都競馬場)で開催されていたレースで、現在は中京競馬場に舞台を移しているので、以下は2012年以降のデータを中心に傾向を見て行きたいと思います。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、2012年以降は若干内枠の馬の方が活躍していますが、2016年は外枠馬ばかりで決着しているので、枠の番号がどうかよりも展開がどうなるのか?の方がレースの結果に影響が大きいと言えます。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2018年は8枠→4枠→3枠の順で決着しました。

中京競馬場のダート1400mコースについては中京 ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行・差しと決まり手は多彩ですが、若干逃げ・先行タイプが優勢かなという印象ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は逃げ馬→10番手→2番手の順で決着しました。

予想のヒント

夏競馬でさらに出走馬のレベルもさほど高くないことから、過去の実績よりも当日の状態面がモノをいう典型的な「格より調子」のレースだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする