兵庫クイーンセレクション 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

兵庫クイーンセレクション(旧・園田クイーンセレクション)は姫路競馬場の1400m重賞です。兵庫クイーンセレクション過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は4.3.1.2

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
6 6 7 アイルビーゼア 牝3 54 下原理 1:33.2 クビ 5-5-4-3 39.6 2.8 1
1 4 4 ステラモナーク 牝3 54 下原理 1:27.7 1-1-1-1 38.3 2.2 1
2 5 5 リリコ 牝3 54 吉村智洋 1:32.2 クビ 8-8-6-4 39.3 1.9 1
11 3 3 ショコラパフェ 牝3 54 下原理 1:32.2 1.3/4 1-1-1-2 43.0 1.5 1
2 8 12 スターレーン 牝3 54 赤岡修次 1:32.3 ハナ 2-2-2-1 40.2 2.4 1
1 4 4 スマイルプロバイド 牝3 54 杉浦健太 1:31.7 2-2-2-3 38.9 2.9 1
1 5 5 トーコーヴィーナス 牝3 54 木村健 1:28.9 1-1-1-1 37.7 1.0 1
3 8 12 フラッシュモブ 牝3 54 木村健 1:31.1 1/2 8-8-4-4 38.6 1.4 1
1 1 1 ピッチシフター 牝3 54 阪野学 1:30.3 6-6-5-5 36.6 1.8 1
2 5 5 メイレディ 牝3 54 下原理 1:30.1 3/4 5-5-5-4 38.7 1.9 1

こんな感じ。

波乱度

三連単配当は平均的な配当の決着が少なく、堅く安い年と荒れて高配当の両極端な決着になっています。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 560 230
260
180
1,720 2,650 850
480
680
5,030 3,620 22,500
2020 220 120
120
190
430 350 170
280
410
710 740 2,590
2019 370 140
110
210
340 330 180
590
450
780 990 4,240
2018 7,790 670
300
230
9,500 15,180 3,190
4,180
870
48,880 27,110 441,160
2017 2,300 380
120
610
610 2,310 790
8,260
1,630
6,260 20,760 168,050
2016 290 150
200
130
1,210 1,600 480
280
540
2,290 1,620 8,970
2015 100 100
290
130
790 750 290
160
620
930 900 2,050
2014 420 130
150
110
1,130 1,230 260
250
310
2,300 890 6,310
2013 180 100
100
120
460 1,260 440
210
690
1,610 1,260 5,510
2012 1,430 280
120
230
1,260 1,540 720
1,410
340
5,570 3,530 30,200
2011 450 150
110
150
320 480 160
380
280
1,020 640 3,240

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順と脚質の傾向は2021年から開催が姫路に変わったので過去データが存在しませんが、基本的には外枠先行が有利。詳しくは姫路1400m特徴を参考にしてみてください。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
11 3 3 クーシェル 牝3 54 鴨宮祥行 1:34.8 4 1-1-3-3 41.5 126.9 9
1 4 4 ステラモナーク 牝3 54 下原理 1:27.7 1-1-1-1 38.3 2.2 1
9 4 4 アヴニールレーヴ 牝3 54 下原理 1:34.3 4 1-1-1-1 42.0 14.2 5
11 3 3 ショコラパフェ 牝3 54 下原理 1:32.2 1.3/4 1-1-1-2 43.0 1.5 1
3 7 10 チョウキャプテン 牝3 54 永島太郎 1:32.4 1/2 1-1-1-1 40.4 53.0 7
4 3 3 キニナルーイ 牝3 54 安部幸夫 1:32.2 1.1/2 1-1-1-1 39.5 3.7 3
1 5 5 トーコーヴィーナス 牝3 54 木村健 1:28.9 1-1-1-1 37.7 1.0 1
7 6 8 マカロンショコラ 牝3 54 鴨宮祥行 1:31.5 1/2 1-1-1-2 39.9 38.7 6
2 7 9 ユメノアトサキ 牝3 54 坂本和也 1:30.4 1/2 1-1-1-1 37.5 20.1 5
11 7 10 ハクサンドリーム 牝3 54 川原正一 1:32.6 6 1-1-1-3 42.1 26.6 9

こんなかんじ。

予想のヒント

歴代勝ち馬の過去成績を見てみると、大体の馬は前走勝っているか、地元重賞クラスなら2着からの挑戦になっていて、マンボビーンなど南関東重賞6着やダートグレード7着からの勝利もあるので、その程度の能力があるかどうかがボーダーラインになりそう。

10番人気が馬券に絡んだこともあるものの、大体の年は上位人気5頭以内の馬の競馬になっていて、穴馬を見つけるというよりは上位人気馬の入線順を考えるのがポイントかも。

近年のトレンドとしては、この園田クイーンセレクションを勝った馬は2月か3月に名古屋競馬の重賞(地方馬限定競走)に出走するパターンが多く、まず間違いなくそこでも勝ち負けするだけの能力があるようですね。

要するにここで勝てる3歳牝馬は東海地区・近畿地区でトップクラスというわけです。

逆に園田クイーンセレクションで人気が集まったわりには着順が悪かった馬は、その後けっこう凡走が続いてしまう傾向があるようで、リベンジや巻き返しを期待するよりかは、しばらく馬券的には見限ってしまった方が良いのかも知れません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む