園田クイーンセレクション 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

園田クイーンセレクションは園田競馬場の1400mで行われる重賞競走です。園田クイーンセレクションの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.3.2.1で、信頼度は抜群です。

うまめし偏差値:50 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Bタイプ(バランス)なので、三連単配当は平均的な配当の決着が少なく、堅く安い年と荒れて高配当の両極端な決着になっています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 7790 15180 441160
2016 2300 2310 168050
2015 290 1600 8970
2014 100 750 2050
2013 420 1230 6310
2012 180 1260 5510
2011 1430 1540 30200
2010 450 480 3240
2009 280 2540 46890
2008 430 8470 49580

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、完全に外枠が有利な傾向がありますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

園田競馬場の1400mコースについては、園田1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に有利ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

歴代勝ち馬の過去成績を見てみると、大体の馬は前走勝っているか、地元重賞クラスなら2着からの挑戦になっていて、マンボビーンなど南関東重賞6着やダートグレード7着からの勝利もあるので、その程度の能力があるかどうかがボーダーラインになりそう。

2017年の勝ち馬カツゲキマドンナは他地区所属馬で、前走は笠松のライデンリーダー記念5着でした。

2018年の勝ち馬スウォナーレはJRA認定アッパートライ1着からの出走で、2歳時には若駒賞5着の成績でした。

10番人気が馬券に絡んだこともあるものの、大体の年は上位人気5頭以内の馬の競馬になっていて、穴馬を見つけるというよりは上位人気馬の入線順を考えるのがポイントかも。

近年のトレンドとしては、この園田クイーンセレクションを勝った馬は2月か3月に名古屋競馬の重賞(地方馬限定競走)に出走するパターンが多く、まず間違いなくそこでも勝ち負けするだけの能力があるようですね。

要するにここで勝てる3歳牝馬は東海地区・近畿地区でトップクラスというわけです。

逆に園田クイーンセレクションで人気が集まったわりには着順が悪かった馬は、その後けっこう凡走が続いてしまう傾向があるようで、リベンジや巻き返しを期待するよりかは、しばらく馬券的には見限ってしまった方が良いのかも知れません。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする