姫路競馬場800m特徴

最終更新日:2020/01/09

こんにちは、うまめし.comの北村です。

姫路競馬場の800メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

姫路800mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳以上なし

※データ不足

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

姫路競馬場の800mコースはバックストレッチ側の2コーナー出口付近からスタートして、馬場を半周するコース設定になっています。最初のコーナーまでは320m以上と充分距離があります。

姫路競馬場ダート800mコース図

800mというかなり短い距離なので、逃げ・先行馬がバテる事が殆ど無いため、差し・追い込みタイプの馬では馬券圏内に入るのは厳しいコースだと言えます。

やはり最内枠は有利ですね、最初のコーナーまでが320mと少し長めなので、中枠の馬は窮屈な展開になる事が多く、外枠の馬はマイペースで運べるので有利になりやすいですね。

2020年開幕初日の出目

姫路800m 血統傾向

姫路800mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

しかしながら姫路競馬は2012年の開催以降2019年まで休催しており、定期的に開催していた当時ですら使用頻度が少なく、種牡馬のデータは全く役に立ちません。

私の馬券のプロとしての視点で言わせてもらうと、ぶっちゃけ血統を気にするよりは個体の能力(特にスタートの上手さ・先行力)に注目した方が正解です。

姫路800m 重・不良馬場

休催期間が長すぎる上に使用頻度が少なすぎて近年のデータがなく、断言はできませんが、他の距離設定のデータから考えても以下のような傾向が出てくると想定できます。

姫路800m 騎手傾向

園田でパッとしない騎手が姫路になると大活躍するという事は考えづらく、概ね園田での騎乗内容を参考に予想すれば問題は無いですね。

2013年以降にデビューした若手騎手にとっては、姫路の馬場が初体験となりますが、800mの場合はとりあえず前に行けば良いし、少々雑に乗ったってバテづらいので、スタートが上手ければ誰でも良いとも言えます。

姫路800m 重賞・OP

コースレコード --:--.--

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項