福島民友カップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

福島民友カップは福島競馬場のダート1700mで行われるオープン特別競走です。福島民友カップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間(ダート1700mに変更されて以降の4回)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は2.0.2.0で、着外にはなっていないので信頼度は今のところは良いです。

うまめし偏差値:50 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Nタイプなので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向は今のところありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 190 3930 24620
2017 690 3350 21810
2016 1850 8310 75600
2015 300 1460 18950

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、2015年〜2017年で馬券に絡んだのは殆どが外枠の馬なので、分母が少ないので鵜呑みにはできないものの、外枠が有利な可能性はありますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 1/19 8/24

脚質の傾向を見てみると、今のところは逃げ馬は全く馬券に絡めておらず、先行〜追い込みまでは3頭ずつ馬券に絡んでいる状況で、特にどの脚質かに偏っているという印象はありませんね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 0/3 3/12 3/15 3/13

福島競馬場のダート1700mコースについては、福島ダート1700m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

2018年

予想のヒント

重賞ではないオープン特別でダート中距離のレースは、11月にはこの福島民友カップしか開催されません。つまり、ブラジルカップやラジオ日本賞あたりに出走した馬や、重賞ではちょっとしんどい馬は、12月まで待つか福島民友カップしか使うレースが無いわけです。

短距離を走るスピードはなく、重賞で活躍できるほどの能力もなく、そういうレベルの馬が集まるので毎年人気割れしてて、そこに成長が見込めそうな若い馬が来ると人気以上の走りを見せてくれる可能性はありそうですよね。

衰えゆく年齢よりは伸びしろのありそうな馬を狙った方が無難かも知れません。

2018年は3歳馬が勝ちました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする