淀短距離ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

淀短距離ステークスは京都競馬場の芝1200mで行われるオープン特別競走です。淀短距離ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.1.3.2で、信頼度はまずまず良い方だと思います。

うまめし偏差値:45 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は45 Nタイプ(ニュートラル)なので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 850 1040 16500
2017 1010 1900 85350
2016 300 530 10690
2015 310 1070 44730
2014 170 300 3560
2013 940 10830 208310
2012 470 1590 11590
2011 890 10760 55530
2010 440 6210 26550
2009 250 860 15520

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、1枠から勝ち馬が出ていないのは少々気になりますが、それでも全体的に内枠の馬は好成績で、外枠の方が劣勢傾向にありますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

京都競馬場の芝1200mコースについては、京都芝1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行馬が断然有利な傾向になっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

歴代勝ち馬および馬券に絡んだ馬の特徴を見てみると、京都の短距離らしく先行できる馬にはっきりと分がある傾向が見てとれます。ただ、差し馬が全くダメかと言うとそんな事はなく、10番手前後ぐらいまでならチャンスはありそうです。

ただ、それ以上の追い込み脚質になると馬券圏内は皆無で、考えてみればこの舞台で最後方からゴボウ抜き出来るような脚があったら、淀短距離ステークスなんか出走せず重賞に行ってますよね。

別定戦なので過去の実績によって斤量の重さが違ってくるのですが、競馬の負担重量(斤量)はどれぐらい影響がある?でも書いたように斤量が軽いとスピードを維持しやすいため、近年は斤量の軽い牝馬が穴をあけるパターンが多いです。

ただ、あまりアテにはできないので「買い目に加える程度」の扱いが妥当。

2018年は54キロ6歳牝馬が3着に入りました。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする