三連複人気別の出現率

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

JRAでは三連複人気別の出現率はどのようになっているのかを調べてみました。過去5年間JRA全レースのデータをごらんください。

三連複人気別の出現率

人気順 出現率 平均配当
1 9.1% 824円
2 6.3% 1229円
3 5.3% 1497円
4 4.1% 1863円
5 3.6% 2078円
6 3.1% 2445円
7 3.0% 2702円
8 2.4% 2973円
9 2.4% 3288円
10~19 15.8% 4658円
20~29 9.7% 7703円
30~39 6.5% 10864円
40~49 4.8% 14660円
50~59 3.6% 18216円

実は三連複の1番人気って9%ほどしか出現しません。確かに上位人気は馬券に絡みやすいものの、1番人気2番人気3番人気の3頭がキッチリ揃って馬券圏内に入って来る事って珍しいですもんね。

ただ、詳しくは後ほど話しますが、これはあくまで全レースでの統計なので、競馬新聞の印がかなり3頭に集中して偏っているような、どう考えてもこの3頭でガチガチの決着じゃないか?と思えるようなレースではそれ以上の的中率になります。

地方競馬だと、三連複1番人気の出現率が30%程度ある場もあります。

三連複オッズ別の出現率

JRAでの三連複出現率をオッズ別にしたものが以下のグラフです。

三連複の配当による的中率の変化グラフ

上記のグラフを見れば一目瞭然ですが、やはり配当が低い三連複は1点買いでも当たりやすいし、配当が高い三連複は1点買いで当てるのは難しいという事ですね。

要するに三連複の当たりやすさというのはある程度オッズと連動した関係にあると言えるわけですが、馬券の面白いところは絶対に的中率とオッズが等しい関係にあるとも言い切れないところです。

例えば外国から遠征してきた有名な強い馬で、新聞の印も◎印がズラリ、これは逆えない…と本命にしたところ、蓋を開けてみれば日本の馬場が全然合わずに大惨敗。

他にもG2レースで人気が集中した強い馬がまさかの逸走で最後方になり、その後まさかまさかの盛り返しで2着。こんな能力を秘めた馬なら次のG1も絶対勝つに違いない!と思って軸馬にしたらまさかの7着…。

上記の例は実際に過去にあった事例なんですが、このように強い強いと思われていた馬が、レースが終わってみればそうでも無かったかも知れないな…というケースは競馬では結構多発していて、全体的に見ればオッズは勝率と連動するものの、上記の例のようにオッズと的中率が連動していないとも思えるレースもあるんです。

競馬には「穴狙い」という言葉が昔からありますが、要するに結構当たる確率が高いと思うんだけど、何かしらの理由によってあまり競馬ファンから注目されていないな、という馬券を積極的に買う姿勢が馬券収支を改善する話は沢山あります。

当たりやすさばかりを追い求めると、そういう穴馬券が買いづらくなってしまい、結局馬券収支がジリ貧になるというケースが結構多いんですよね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

ダートカテゴリー

雨競馬

ご案内 注意事項