福島記念 過去データ 傾向 予想のヒント

福島記念は福島競馬場の芝2000mで行われる重賞競走です。福島記念の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間(福島で行われた9回)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は1.3.1.4で、信頼度はかなり低めです。

うまめし偏差値:57

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は57なので、基本的には荒れるレースだと考えて良さそうですね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 540 2380 75420
2016 1450 1750 31740
2015 550 1440 10870
2014 980 20960 360750
2013 800 1420 33730
2012 490 3920 44330
2011 190 1580 23630
2010 6440 13100 201790
2009 1460 8500 497430
2008 1300 6290 304680

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、圧倒的に内枠が優勢なデータになっていて、枠順は予想で重要なファクターとなるかも知れません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

福島競馬場の芝2000mコースについては、福島芝2000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、先行タイプが圧倒的に有利ですね。逃げタイプの馬は一応データの数値としては差しや追い込みよりは優位ではあるものの、過去10年間で馬券に絡んだのは2頭だけなので、ハッキリ有利と断言はしづらいところ。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
勝率 優勢 優勢 劣勢 劣勢
複勝 劣勢 優勢 優勢 劣勢

好位で競馬できるタイプを中心視するのがベター。

予想のヒント

ハンデ戦なので各馬の強さによって斤量が異なります。ただ、一般的にはハンデ戦は結局重ハンデが強かったりするんですが、この福島記念ではどの斤量帯も飛び抜けて良くも悪くもないデータになっています。

一方で重ハンデ帯の馬は強い馬、成績の良い馬が多いので人気になりやすく、馬券的な旨味という点ではチョイ軽ハンデぐらいの馬が狙い目だといえます。

前走が富士ステークスだった馬はあまり人気にならない割に好走率が高いですね。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする