神戸新聞杯 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

神戸新聞杯は阪神競馬場の芝2400mコースで行われる重賞です。神戸新聞杯の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

神戸新聞杯の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は6.2.0.2と、かなり信頼度は高いと言えそうです。3歳限定のレースなので、その世代のトップクラスの馬が出走して来ると、素直に軸馬にした方が良いって事かも知れません。

うまめし偏差値:42

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は42なので、どちらかというと平穏な決着になる年の方が多い傾向にあります。1番人気馬が強いぶん2番人気が2着以内に来れない事が多く、2番人気は1.2.3.4で3番人気は1.2.2.5と、2番人気が3番人気並の成績だとも言えますね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 270 720 10650
2017 220 460 3180
2016 120 1160 8010
2015 800 910 28170
2014 160 2420 70380
2013 140 1760 10410
2012 230 5230 26300
2011 170 270 1430
2010 300 240 2570
2009 2400 3790 132480
2008 200 550 3240

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠の方がやや優勢な傾向があるように見えます。ただ内枠が全くダメというわけではありません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は3枠→2枠→6枠の順で決着しました。

阪神競馬場の芝2400mコースについては阪神 芝2400m特徴にも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、過去の馬券対象になった馬はほとんどが差し馬で、過去10年間の勝ち馬の内7割以上は差し馬かマクリの競馬をしていました。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 劣勢 優勢 劣勢

ここ10年間でもサトノダイヤモンド、ゴールドシップ、オルフェーヴルと言った名馬が勝って来たレースで、このレースでの人気馬や勝ち馬は今度も注目しておくべきでしょうね。

2018年は7番手→6番手→逃げ馬の順で決着しました。

予想のヒント

ダービーとの関連度が高いレースで、ダービーで好走した馬はこの神戸新聞杯での好走率が高く、それだけハイレベルな出走メンバーなので、前走で非重賞のレースを凡走しているような馬はかなり苦戦傾向にあります。

有力馬分析

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする