うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

マーチンゲールの法則が競馬必勝法なのかシミュレーション検証

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

マーチンゲールの法則は競馬必勝法として活用できるのか、エクセルの乱数を使ったシミュレーションで検証してみたいと思います。そもそもマーチンゲールの法則が何なのかわからない人はマーチンゲール法の成功率は何%?を参考にしてみてください。

中央競馬では毎年単勝1番人気の勝率が平均して35%前後なので、実験方法としてはエクセルで1から100までの乱数を発生させて、35以下の数字が出た時は馬券が的中、36以上の数字が出た時には不的中として、賭け金は2倍ずつ増やしていくとすると、どれぐらいの資金が必要になるのかをシミュレーションします。

大体1年間は52週で、土日で1場あたり24レース組まれるわけですから年間1248レースと仮定して、年間収支プラスが実現できるのかどうかを実験してみたいと思います。

まず1回目のシミュレーションでは以下のグラフのようになりました。

マーチンゲール法-シミュレーション1年目グラフ

14の目盛りのところまでグラフがあるので、要するに最大13連敗したという事になります。13連敗して14戦目までに必要な賭け金は以下の通り。

回数賭け金総額
1100100
2200300
3400700
48001500
516003100
632006300
7640012700
81280025500
92560051100
1051200102300
11102400204700
12204800409500
13409600819200
148192001638300

要するに一時的には163万円をJRAに預ける事になるものの、1年間をプラス収支にする事が出来るという事ですね。163万円は大金は大金ですが、頑張れば普通のサラリーマンでも用意出来ないほどの金額とは言えません。

ではシミュレーション2回目、つまり現実で言えば2年目に突入という事ですが、以下のような結果になりました。

マーチンゲール法-シミュレーション2年目グラフ

グラフの最高値は11の目盛りまでなので、この年は10連敗までしかしなかったという事になります。一時的に必要な資金は20万円ほどで、1年目よりも随分楽な年になったと言えるのでは無いでしょうか?

もしかすると本当にマーチンゲールだけで競馬の勝ち組になれてしまうかも知れませんね!では張り切って3年目の結果を見てみましょう。

マーチンゲール法-シミュレーション3年目グラフ

はい、3年目も目盛りの最高値は13なので…と、思ったら24まで行ってますね!つまり23連敗したと言う事ですよ!ちなみに24レース目に賭ける金額は8億3886万800円必要です!一時的に必要な金額は約17億円ですよ!

私は実際のレースでも単勝1番人気が30回以上連敗したのをカウントした事がありますし、このように1番人気の馬でさえ連続不的中を防ぐのは難しい事なんですよ。

単純な1番人気のマーチンゲールはいけん、工夫したら大丈夫。…ゆうて言う人がおるけど、それは間違いじゃけえな。参加するレースを絞っとるけえ連敗までの時間稼ぎ出来とるだけで、どんな方法でも連敗を絶対防げる方法はないんよ。

競馬必勝法を探求する者であれば、一度はマーチンゲールの法則を試してみた事があると思います。追い上げ投資競馬で失敗する3つの理由でも書いたように、恐らく殆どの人が失敗してきた方法では無いでしょうか。

出来ればマーチンゲールで痛い目にあう前に、この記事を読んで貰えれば良いのですが、マーチンゲールで痛い目にあった人でさえ、やはり「当たれば即プラス収支」と言うのは魅力的で、ついついマーチンゲールが染み付いてしまっている人も多いかと思います。

マーチンゲールの最大のネックは賭け金が膨れ上がってしまい、資金が底をついてしまう事です。他にも賭け金が用意出来たとしても自分で自分自身の買い目のオッズを下げてしまう事になりますが、まぁ、そこまで大きなお金を用意出来る人は競馬で儲ける必要も無いでしょうし、現実的なところではやはり賭け金が底をつくのが問題なわけですよ。

で、賭け金がなぜ膨れ上がるかと言うと的中率が低くて(実際には高い的中率であっても)連続したハズレが賭け金を膨張させる原因なわけです。なので、大抵の人は限られた回数内で馬券が当たる方法は無いかな?と研究したりするわけですが、限られた回数内で必ず馬券が当たると言う事はあり得ません。

なぜなら例えば6回連続で外れない方法を考えたとします。そんな方法があるのなら、いちいちマーチンゲールなどせず、5回連続でハズレるのを待ち、6回目の「絶対当たるレース」に資金を集中させた方が利益が大きいと言う事になりますが、5回連続でハズレた後の6回目のレースが落馬も故障も絶対起きない的中率100%になるだなんてあり得ません。

むしろ現実には自分の予想が沢山外れる日は、それなりの理由があるのが普通で、(例えば不良馬場で傾向が掴みにくいとか、実力拮抗レースが多くて荒れやすいとか)連敗が発生するような時には当たりにくいレースが多かったりするものです。その状況で的中率100%のレースに毎度毎度必ず巡り合えるとは思えません。

つまり、マーチンゲールは賭け金の膨張と、それを発生させる連続的中の回避が不可能なので、実際には競馬必勝法として活用出来ないと言う事なんです。

じゃあ、どうすれば良いかと言うと、私のように基本的に毎レース「金額を固定して均等買い」で勝つ方法を使えば良いだけです。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.