アルゼンチン共和国杯 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

アルゼンチン共和国杯は東京競馬場の芝2500mで行われる重賞競走です。アルゼンチン共和国杯の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.1.1.5で、信頼度は高いとは言いがたいです。

うまめし偏差値:47 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は47 Bタイプで、3連単が全体の平均より安かった年の方が多いのですが、いわゆる「堅い」レースではなく、順当すぎず荒れ過ぎずと言う傾向があります。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 200 1840 12060
2016 390 1110 8290
2015 210 1460 14570
2014 490 1510 14480
2013 1270 5050 71300
2012 380 1060 12740
2011 630 1620 48520
2010 310 950 42830
2009 2510 13520 922600
2008 890 1500 10090

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、若干内枠の方が優勢なデータになっています。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

東京競馬場の芝2500mコースについては、東京芝2500m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、馬券の中心は先行と差しタイプで、逃げ馬は過去10年間で勝ち馬が1頭出ただけで2着3着は無し。追い込みも決まらず過去10年で3着が3回あるだけ。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

アルゼンチン共和国杯はハンデ戦ですが、有馬記念や香港などのG1へのステップレースとして使われる事が多く、近年は比較的上位人気が安定した成績を見せています。

2014年は2番人気→4番人気→3番人気で決着

2015年は1番人気→4番人気→3番人気で決着

2016年は2番人気→4番人気→3番人気で決着

2017年は1番人気→7番人気→3番人気で決着

ハンデ戦の難しいところは、その与えられた斤量をどう判断するのか?と言うところ。

過去のアルゼンチン共和国杯を振り返ってみると、極端に軽い馬や重い馬ではなく55kg〜57.5kgぐらいの範囲の斤量の馬が勝っているケースが殆どです。

しかし、54kg未満の軽ハンデの馬は実力が物足りないから軽ハンデになっているわけで、上位に来られても2着3着までのケースが多いですね。

2014年は57kg→56kg→55kgで決着

2015年は56kg→55kg→55kgで決着

2016年は58kg→57kg→55kgで決着

2017年は56kg→53kg→54kgで決着

馬齢に関して言うと他のレース同様4歳馬が活躍の中心で、高齢になればなるほど苦戦傾向にあるようです。

2014年は4歳→5歳→5歳で決着・7歳以上は4頭出走で最高着順が7着

2015年は4歳→6歳→3歳で決着・7歳以上は4頭出走で最高着順が13着

2016年は4歳→5歳→5歳で決着・7歳以上は4頭出走で最高着順が7着

2017年は3歳→5歳→3歳で決着・7歳以上は8頭出走で最高着順が6着

東京競馬場の直線の坂を2度走る事から、やはりパワフルさが求められるようで、斤量が重い馬でも活躍が目立ちますから「重い斤量を苦にしないタイプ」かどうかを軸馬選定の際にはよく検討するのが馬券的中につながると言えます。

このレースを逃げきったのは過去10年(2013年当時)でミヤビランベリ1頭だけ。ただ、勝ち馬の8割から9割は2番手から6番手以内でレースを進めた馬です。

2013年・勝ち馬アスカクリチャンは10番手

2014年・勝ち馬フェイムゲームは11番手

2015年・勝ち馬ゴールドアクター3番手

2016年・勝ち馬シュヴァルグラン6番手

2017年・勝ち馬スワーヴリチャード6番手

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする